ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドルのディップは浅いものに、
金融当局の動きと金利動向に警戒!

2018年07月24日(火)15:54公開 (2018年07月24日(火)15:54更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 週明けのマーケットでは、いよいよトランプ政権での揺さぶりが気にかかるところだった。為替相場にも言及したことで、どこまでドル安が進むのか。またドルの金利高にも懸念を示しているので、金利動向も気になるところだった。また先週の金曜日には珍しく円債相場も軟化したので、そちらのほうも気になるところだった。

 昨日は朝からドル円が下がってきたので、トランプ大統領の注文通りの動きとなった。それを心配してのリスク回避が出てきて、日本株も下がる。私も素直に朝からドル円をショートに振ることができた。

 もちろん先週のレベルから見ると、もうすでに安値を下回ってきている。それも苦にならないくらい、スムーズにショートメークできた。それだけファンダメンタルズ的な要因で周囲が埋められていることもあったからだろう。

 ドル円は早々に110円台に突入。重い足取りが続きながらも、安値は110.75までだった。欧州序盤には111円台を復活させている。私はもっと大きなディップを期待していたのだが、昨日のアジア時間では底は深くはなかった。

 次の金利会合では長期金利のコントロールのあり方を変更するのではないかとの観測にさらされていた日銀だったが、久しぶりの国債指値オペをやることによって市場に安心感を与えることに精を出した。しかしオペはビッドだけなので、約定は1枚もなし。

 意思表示とやった振りだけだ。そういえば先日に買う気もないのにビッドを出していた金融機関が罰金を科された。日銀ならばいいのであろうか。マーケット的には同じ効果でしかないのだが。どちらも相場操縦という意味では同じようなものなのだが。

 円債相場の下落は世界的にも影響を与え、欧州債や米国債も利回りが上昇。円資金の緩和姿勢が間接的にでも、グローバルに影響を与えてきたことが証明される形となった。しかしこれとてもトランプ大統領が臨むところのドル金利をもっと下げり、つまり他通貨はもっと金利を上げろという要請にも合致したものだ。

 今日も世界的に長期金利の行方が要ウオッチだ。特に来週に金利会合を控えた日銀の発するメッセージには警戒を要する。できるだけマイルドに金利会合での文言を変更したいところだろうが、どちらにしても出口戦略に通じる話であることには間違いがない。

 つまるところハードに着地するか、ソフトランディングを目指すかの違いだけだ。上手に作った作文であっても、市場はそうは受け取らない可能性もあるのである。


日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る