ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

新興国通貨の値下がり激しい、
古い経済理論ではやはりドル安要求に

2018年08月07日(火)15:55公開 (2018年08月07日(火)15:55更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 ユーロや日本円、英ポンドなどといった主要通貨での対ドル相場がメインの為替相場であるが、新興国通貨と言われるものの値下がりが激しくなってきている今日この頃である。

 IMFに資金を要請したアルゼンチンや、ストライキでロジスティクスがワークしなくなったブラジル、そして1万パーセントを超えるインフレ率を記録しているベネズエラ。

 こうした中南米諸国での通貨においては、逃避的な資金会費が起こって通貨安となっている。また政治的にはイランとの核合意破棄による制裁復活を控えて、イランも通貨安。過去の最低水準の通貨価値となっている。同じ理由でトルコとの制裁措置も、トルコの通貨安を誘引している。

 トルコは利上げをして急場をしのごうとしているが、それが国民生活を苦しめていることに変わりはない。管理通貨絡みでは中国の人民元が大きい。アメリカサイドからは通貨安誘導だとも聞こえてくる。関税に関連した報復措置の一環とも取られかねない状況である。

 要するにグローバルに見ると、米ドルが最強通貨となっているのである。ドルという通貨の性質上、仕方のない面もあるが、それを円やユーロに負担の分担を求めたくなるトランプ大統領の政治的な立場も理解できる。

 ところで最近は購買力平価という言葉が聞かれなくなった。これはドル円などの為替レートはいくらくらいが妥当なのかを議論するものである。実際の相場とズレていても仕方のないものである。

 これが議論されるようになるときというのは、おもに円高局面である。ドル円が80円を割り込んだりしてくると、きっと都合が悪い人が多いのだろう。すぐに「購買力平価から見れば」という理屈で、もっと円安水準が妥当だと主張するのである。

 購買力平価の代表的な考えで、ビッグマックがいくらなのかという考えがある。ビッグマックならば世界中で売られている。比較するならば、もってこいである。また一般人の手にも届きやすいし、そんなに頻々と値段が変わるものではない。

 アメリカではビックマックは5ドル台だ。日本円に直すと600円以上もする。とても高い。これじゃあアメリカ産の商品は売れないよねというのが、古い経済理論の要求することであり、またトランプ大統領も憤慨している点だ。

 トランプ大統領は無茶苦茶なことを言っているようにも感じるかもしれないが、どこで買っても同じ味、同じ商品である。ドル円が65円とかまで下がらないと、日本で売られているビッグマックの価値には追いつかないのである。

 そもそもアメリカは物足りないといえども、ちゃんと物価上昇している。だから米ドルはインフレ通貨の側面を持っている。他通貨のインフレ度が低いと、その傾向はますます強まる性質を持つ。その物価の上昇加減の調整が、為替相場を通じて行われるとみるのが、ファンダメンタルズ面を重視した購買力平価というものであろう。


日本時間 16時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る