ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

楽観ムード続くなかトランプに一撃、
リスクとドル円のゆくえ予断許さない

2018年08月22日(水)16:06公開 (2018年08月22日(水)16:06更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日は欧州序盤からリスクテークが相次いで、グローベックスセッションでは米国株が堅調な展開となった。S&P先物はアメリカの代表的な株価指数でもあり、また世界一の取引高を誇る。それだけ世界経済のバロメーターなのだ。

 それが2860ポイントを超えてきて、今年の1月につけた史上最高値である2878ポイントが視野に入ってきた。それに合わせて実体のない日本株もナイトセッションで値を上げる。ツラレ高である。朝には22000円の大台割れをうかがっていたのに、その後は大きな反発を見せた。

 その背景としては中国の経済政策も関係しているようで、中国株が続騰しているのがマーケットに安心感を与えた。ドル円も朝方こそ109円台に突入していたのだが、リスク許容度の回復とともに110円台まで値を戻してきた。

 しかしこの段階ではまだドル円の一段高に確信が持てない。いかんせん今回のドル相場の下げの要因はトランプ大統領の発言だったのだ。ドル金利の上昇が頭を押さえつけられている現状では、金利面からのドルの上昇は期待できそうもないからである。

 私は欧州序盤ではドル円のロング攻めはあきらめたが、欧州株も高く、そして米国株もストロングに始まったので、ドル円やユーロ円は腰が強い展開が続いた。そしてニューヨーク時間になってもリスクテークの流れは続く。

 ニューヨーク序盤でロス長官が自動車関税の手続きが遅れそうだとコメントしたことも、その動きを助長している。そしてS&P先物は2874ポイントまで高値をつけた。しかしもうあとちょっとだというのに届かない。これはテクニカル効果である。

 史上最高値というだけで、それは強力なレジスタンスラインとなる。ということはそのちょっと手前にはかなり大量な売りもの、オファーが並ぶことになる。物量的にも押さえられて、米国株は高値圏に張り付いてはいるものの、新規の材料を欲しているという状態となった。

 そしてニューヨーククローズ後に、トランプ大統領の個人弁護士が8つの罪を認めた。それが反対の材料となって、本日の早朝のセッションでは米国株は大きく沈んだ。ドル円も夜中に110.55あたりまで上げていたものが、110円台の前半まで押し込まれてきている。

 今晩は米中協議が注目材料だが、そこからは前進すべき結果は出てこないだろう。次のステップへの話し合いを継続することを表明しておしまいになりそうだ。市場の関心はトランプ大統領の弁護士のほうに向かっている。

 最初はリスク回避で反応はしてみたものの、その消化具合がどのくらいまでやっていいのかの見極めがまだついていない。ニューヨークオープンから2時間くらいはマーケットは要ウオッチである。場合によってはドル円は昨日の安値をも下回ってくるかもしれない。


日本時間 16時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年6月13日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 トレーディングビュー記事 jfx記事
田向宏行 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る