ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

南アフリカはリセッション入り、
NAFTA再交渉は果たしてどうなるか

2018年09月05日(水)16:10公開 (2018年09月05日(水)16:10更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はアジア時間に中国株が反発気味だったので、市場の新興国不安はやや薄らいだ。それで欧州序盤ではドル円やユーロ円で高値追いが始まった。リスクテークになったのである。ドル円も111円台の中盤まで持ち上がって、これでヤレヤレ感じでニューヨーク勢の連休明けを迎えるのかと思われた。

 しかし南アフリカのGDPが悪かった。前回もマイナスだったので、これで2四半期連続なのでリセション入り。これがマーケット全体のムードを悪化させた。トルコの通貨などもツラレ安に向かった。

 ドル円も上げ基調から一転して、リスクオフから頭が重くなった。南アというのは、ちょっと忘れていた新興国であった。市場もノーケアだったらしく、ちょっと課題に反応しそうであった。私もドル円を111.33でショートに振ってみた。これでニューヨーク勢の反応を待ちたいところ。

 しかしニューヨーク時間に入っても、ドル円はあまり下がらなかった。むしろブラジルやロシアなどの新興国通貨が売られていく過程で、その回避通貨としてドル高の傾向が強まったのである。ユーロドルも安い。ドル円は下がりそうもなかったので111.48でやめてしまった。

 米国株もグローベックスセッションでは下げていたのに、徐々に値を戻してきたからだ。これではリスクをリスクとして感じていないんだなと思ってしまう。放っておくとドル円はそのまま持って行かれてしまう。結局、ドル円はニューヨーククローズに至るまで下がらなかった。

 今晩はアメリカの貿易収支が出る。貿易摩擦が問題視されているので、貿易関連のデータが重要なのだが、今日からカナダとの交渉が再開する。そこから出てくる要人発言の方が大切となろう。アメリカサイドは「カナダが合意しなければメキシコと2国間で」というように強気なことを言っているが、アメリカにもカナダと合意できない場合の弱みはある。

 議会で批准のための法案が通りにくくなるのだ。だからトランプ政権としても妥協点を見いだしたいところのはずである。それが表に出てくると、大きくリスクオンになってしまうかもしれないのだ。

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る