ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

東京勢の勢いでクロス円は反転、
盛りだくさん重要イベント要ウォッチ!

2019年01月15日(火)16:05公開 (2019年01月15日(火)16:05更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は日本が休みだったが、中国の経済指標が市場にリスク回避を促した。対米の貿易黒字が17%も増加していることが貿易協議の先行きに懸念を与えたのに加え、国内の自動車販売が28年ぶりに減少に転じたのである。これでグローベックスでの米国株などは大きく値を下げてきて、為替相場にも影響を及ぼした。

 ドル円は朝がたに108円台のミドルで推移していたものが、108円割れをトライ。ドル円よりもユーロ円など、クロス円の値崩れのほうが鮮明だった。ただ欧州時間に入ると、リスク回避による円買いの流れは一服。私もドル円などでショート攻めを試みたりもしたが、なかなか下がらなかった。

 しかしニューヨーク時間ではトランプ大統領が「中国との交渉は合意に至るだろう」と楽観的な見方を出したこともあり、それまでのリスクオフの流れは逆転した。米国株はそれまでの下げ分をほぼカバーし尽くして、ドル円も決定的なほどの108円割れを回避できて値を戻してきた。

 そして今日になって日本人が中心になって株買いが先行している。リスクテークとなっているのである。外部環境はまったく好転していない。米中協議の行方は不透明なままであるし、米政府はシャットダウンしたまま。そして今晩には英議会でBREXIT案の投票も控えている。ドル円の伸びがイマイチ勢いがないのも、そのためなのだろう。

 今晩はアメリカの経済指標の中でも重要な部類のものが出る。昨日の中国側からの貿易収支と同様で、アメリカからの貿易収支も注目だ。しかしこれが悪かったといっても、トランプ大統領のスタンスは変わらないだろう。

 北朝鮮に対する姿勢と同じで「中国はよくやっている」という、努力している様子を褒めて時間稼ぎするだけだろう。またPPIや景況指数も出るし、JPモルガンやウェルズファーゴといった企業決算も出てくる。いずれも株価を左右する材料となるものばかりなので、一喜一憂するだけかもしれないが要ウオッチである。

日本時間 16時00分

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る