ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスオンセンチメントは続くが、
値動きなく手が出しづらい為替相場

2019年04月17日(水)15:04公開 (2019年04月17日(水)15:04更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は中国が流動性供給を再開したので、アジア時間でマーケットはリスクテークの流れとなった。ナイトセッションに入っても日経先物は目立った押し目は作らず、夜中に22320円まで高値を拡げた。言うまでもなく今年の最高値である。同時にナスダック指数が8000ポイントまで回復するなど、半年ぶりの高値圏にまで戻ってきた。

 そうしたリスクオンの状況のなかで円相場は全面安になっている。だから方向性はまったく間違っていないのだが、それにしても為替相場の値動きは鈍い。昨日もほとんど動いていない。ドル円は20ポイント、ユーロドルは30ポイントである。

 こんな日が続いているので、ちょっと動きそうな局面を迎えても、すでに10ポイント動いたところを後付けでついていく気にはなれないのである。もうちょっと新規な材料が出てこないとデイトレードと割り切ってはみても、なかなかポジションを持とうとする意欲に欠ける。

 日米のTAG協議のほうも、あまりマーケットをかき乱す要因になっていない。あれだけ強気で臨んでいたはずのアメリカ側の姿勢も、存外にマイルドだからである。今となっては日本だけが味方だと言うことで、日本サイドに強気に出ることができないからなのだろうか。

 ところで一部の報道にもあったように、日銀の株券保有量が過去最大となって、日本株の最大の株主になったようである。ここまで来れば全部買ってしまえばいいのだ。国だけが企業の株を保有し、経営の権利を握る。

 これは150年前に高らかにうたわれた共産国家のありようそのものである。ソ連や中国でできなかったことを、代わりに日本でやっているのだ。日本はもっともうまく成功している社会主義国家だと、ますます言われかねない。

 今晩の注目イベントとしては、モルガンスタンレーの決算とアメリカの貿易収支がある。リスクテークの途中でもあるので本来ならば市場の関心は高いはずなのに、為替相場はどうせ動かないだろうというコンセンサスもできてしまっている。

 為替レートの値幅で30ポイント以上、例えば50ポイントとか振れてこないと、とてもではないが積極的にポジションを作ろうとする動きは出てこないだろう。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る