ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米中協議もリップサービスの域か、
リスクと円相場のゆくえ注視

2019年05月03日(金)11:10公開 (2019年05月03日(金)11:10更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はニューヨーク時間に入って、中国筋から「米中協議は行き詰まっている」との意見が出てきた。いくつかのアジェンダがあるなかで、知財権の保護というのは簡単に合意できるようでいて、まったくの困難をともなうものである。

 日本や欧米では当たり前と考えられていることだが、中国ではすでに経済の中に組み込まれているのである。偽ミッキーやガンダム人形の無断使用である。お金を払わねばならないという発想がないのか、悪いことだとは思っていないようだ。

 使用料を払うとなると、売上や利益の形態が大きく変わることを強いられる。総論賛成で各論反対にならざるをえず、合意できたにしても努力目標みたいなものにとどまるのが予想されるところだ。

 北朝鮮との交渉の時もそうであった。「合意が近い」とか「合意できる」と国民向けにメッセージは発するのだが、やはり事は重大であり、リップサービスの域を出ないのである。それを受けて昨日の米国株は急激に下がった。利下げ期待に加えて、米中合意の期待も剥がれたことになる。

 今晩は雇用統計である。先日の民間調査でも就業者数が大きく伸びていたことから、今回の雇用統計も良いものが予想されている。しかし労働市場がさらにタイトになると再び利上げ論が頭を持ち上げてくることになる。株価の足腰が弱りかけているところなので、リスク回避には弱そうだ。米国株の動向に注意である。


日本時間 11時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る