ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドラギ発言でユーロ全面安、
大注目のFOMCとパウエル発言!

2019年06月19日(水)15:40公開 (2019年06月19日(水)15:40更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は欧州序盤のドラギ総裁の発言がマーケットを動かした。つい先頃まで量的緩和の停止などと話していた同じ口から、今度は追加の緩和の話しが出てきたのだ。すでにマイナス金利であることも肯定している。それがユーロを直撃した。ユーロ金利はただでさえ低いのに、さらに低下。

 それを好感して欧州株は急伸に向かった。ユーロ安は避けられない。ユーロドルは1.11台に突入した。大台が変わったから大きく愚おいたようにも思えるが、50ポイントほどしか下がっていない。まあ最近はユーロも小動きが続いていたので、これでもショックの部類に入るのだろう。

 ドル円は基本的なレンジの中でウロウロ。ここ1週間は一度も108円台を外していない。方向感が見えてこないのは、やはりFOMCを控えているからであり、来週にはG20が待っているからだ。利下げ観測をどのように実現のほうに向かわせるのか、また首脳会談などを通じて米中協議はどこまで進展するのかを見極めたいという理由だ。

 それで大きくポジションを晴れない状況になってしまっている。今からポジションを作るくらいならば、それらの結果が出てから、経過を見ながらでも遅くはないという投資家心理である。

 さて、これまでFOMCでの金利低下を期待して、ドル金利安と株高が進んできた。昨日のマーケットはその最終仕上げの場であった。メインテーマであるドル金利は10年ものの利回りで2.0%割れ寸前まで低下し、米国株は史上最高値にあと1%しかない距離のところまで値を戻してきた。後は今晩の発表後にパウエル議長がどこまで追認するのかを見極める事が重要となる。

 すでに短期金利の市場では来年の今頃までに3回分以上の利下げ、すなわち75ベーシスポイント以上の利下げを織り込んでしまっている。それが前提となって取引されているのだから、大幅利下げは完全に織り込まれているといってもいい。それだけ織り込んでおいて、なぜ今回の6月会合でさっそく利下げをしないのか。

 地ならしが必要だと言うことで声明文のあり方の方が重要だという見方もあるが、その一方で7月利下げを主張してやまない声もある。それはイレギュラーな時期での金融政策の変更であり、これまでFEDが重視してきた「一定のペース」でやることに反することでもある。そうしたモロモロの不確かなことをパウエル議長はどう説明するのか。大注目である。

 

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る