ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル上値攻めはトランプ発言で中断、
ベテランズデー米祝日で小動きか

2019年11月11日(月)15:03公開 (2019年11月11日(月)15:03更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 先週の金曜日はアジア時間でややリスクオフとなった。日本株も高いところから始まっただけで、ただひたすら売りものに押された。それは前日のニューヨーククローズ間際に米政府においては「段階的な関税の撤廃」に合意していないと出てきたからだ。

 確かに中国側からの発表に市場が飛びついた感が強まっていた。本当に部分的な合意のみの状態で、たとえ段階的であっても追加関税分をなくしていけるのか。追加関税分を撤廃してしまったら、米側には何も残らなかったと言うことになるのではないかとの懸念が残っていたからだ。

 ドル円も朝がたに109.40あたりまで上値攻めをして前日の高値を超えようとしていたが、テクニカル的にもキャップされることとなった。私もドル円を売っておこうと考えていたのだが、値動きに勢いがないのでやめてしまった。夜になってから海外情勢がもっとハッキリしてきてからでも、下げを取りに行く分には間に合うだろうとした読みだった。

 欧州時間では再びリスクテークモードになりつつあった。ドル円は再び戻し高値を狙う。落ちそうで落ちないドル円には、さすがに売ろうとする気概もなくなってきた。しかし日付の変わる頃にトランプ大統領が「関税撤廃の合意はない」とハッキリと言い切った。

 これで米国株は押し下げられることとなった。ドル円も下げることにはなったが、109円台を割り込むことのほどもなかった。ニューヨーククローズに向けては米国株が買い戻されている。

 今週はイギリス、ドイツ、日本のGDP速報値が出る。なかでも注目なのはドイツである。ドイツは前回の3半期はマイナス成長だった。今回もマイナスだとリセッション入りダということになる。ユーロのマイナス金利にはさらなる下げ圧力がかかることになり、ユーロ安に弾みがかかる。

 米中関係が改善の方向で進んでいるように見えるとした楽観視が金利の先安感を妨げているが、ECBの総裁の交代の時期とも重なっているので注意しておく必要はある。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る