ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

為替相場は動かずでもリスクテーク続く、
ダボス会議は今日から開幕

2020年01月21日(火)15:15公開 (2020年01月21日(火)15:15更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアメリカがお休み。欧州勢だけがマーケットに参加している状態だ。それゆえに為替相場もほとんど動かず。ドル円も10ポイントほどの小動きにとどまった。

 欧州はやっていたが、いよいよドイツ株が史上最高値に接近してきた。ECBが再度の利下げに踏み切ったのも、ここ1、2年でドイツ経済がスローダウンしてきたのではないかとの見方が強まってきたからである。

 それでも金融効果が出てきたものか、ついにドイツの代表的な株価指数であるジャーマンDAXも13500台の後半にまで上りつめるなど、1年ぶりの高値圏まで戻ってきた。

 それにしても不思議なのは、フランス株とイギリス株である。これらは20年前のITバブル時期につけた最高値をぜんぜん超えられない。イギリスのFT指数で言うと7000台まで上がりきるのが精一杯であって、8000台は見ない。

 途中でWTCやリーマンショックなどで金融緩和が強まって、米独は思い切りフレッシュゾーンを開拓しているのに、英仏は記録を更新していないのである。果たしてこれが何を意味しているのか。

 ドイツ株が史上最高値を簡単に超えてこられないとなると、フランス株やイギリス株に絶好の売り場を提供することになる。現在、足下で起こっている地政学的リスクの反動でのリスクテークの流れがまだついていっていいのかどうかの尺度にもなろう。

 今日はイベントが少ない。マーケットは動き出すのは、ニューヨーク勢が戻ってくる時間帯になってからであろう。ダボス会議も始まるので、そちら方面からも意外な意見が出てくるかもしれないので、相場で奇妙な動きが出てきたらニュースなどを探って発言を調べるべきである。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る