ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

マイナス金利に現実味でポンド緩む、
イベントより米国株の振る舞いに注目

2020年05月21日(木)15:09公開 (2020年05月21日(木)15:09更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日から全米で経済活動が再開され、それがマーケットのムードを盛り上げた。全般的に市場のリスク許容度が増大し、また原油価格も高値追いの形となったので、米国株は前日の下げ分をすべて取り戻す格好となった。

 株価が戻すと言っても米国株の代表であるS&P先物がどうも2970台で足止めを食らっている。この辺りで何度も上値が押さえつけられているのだ。今後の伸びを見ていくためにも、ここがテクニカル的な強力なレジスタンスとなるのかどうかを見極めないといけないところだ。

 アメリカと同様にマイナス金利を否定してきていたイギリスだったが、ベイリー新総裁は「マイナス金利は興味深いものであり、研究の対象である」といった発言をしたことで、一気にマイナス金利導入への現実味が増してきた。

 それで流通利回りベースで英3年債がマイナス利回りに突入。通貨としてのポンドもやや戻り歩調にあったのだが、これを景気にポンド売りの圧力が強まったようだ。

 アメリカの金利会合の議事録も公開されたが、内容は想定の範囲内。コロナ危機には楽観しておらず、現在の緩和姿勢を継続。そして追加緩和の可能性も指摘。しかしマイナス金利への言及は含まれていない。

 ドル円はアジア時間で下げてきた後をついで、そのまま軟調な展開が続いた。ユーロドルも同じくドル安の動きとなって、途中で1.10台乗せをアタックしている。

 今晩はいろいろな経済指標が出てくる。中でも景況感の指数が要注目だろう。しかしすでにかなり悪い調査結果が織り込まれており、これが予想よりも良かったときの市場の反応のほうが気になる。またパウエル議長のスピーチも予定されているが、米国株が高いので発言から何かを見いだそうとする意欲が欠けており、注目度が薄い。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る