ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

混乱甚だしい討論より追加対策に揺れる、
動き少ない為替相場でせこせこ

2020年10月01日(木)15:05公開 (2020年10月01日(木)15:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は東京時間の午前中に、アメリカの大統領選のテレビ討論会があった。注目点はトランプ大統領が世論調査で見えている支持率を切り返せるかどうかであり、バイデン候補が大統領にふさわしいかどうかをアピールできるかどうかであった。

 事前に予想されていたことだが、議論はややヒートアップ気味となった。二人が同時にしゃべることもあり、双方ともにがなりあっていて騒がしい印象だった。また司会者が進行役が務まらないと困窮する場面も多かった。

 内容そのものは最高裁判事の決定時期、コロナ感染の対処、経済政策、所得税逃れ、人種問題、そして気候変動についてである。どちらも従来の主張を繰り返しただけなので、目新しさはなかった。

 ユーロドルは1.18台を見るまでは戻りを売っていこうというスタンスの私。それで大統領候補による討論会が終わった東京時間の午後からユーロドルをショートにしてみた。欧州時間ではドル相場が全般的に強くて、ユーロドルが重い足取り。

 損切りを25ポイントに抑えるようにしているので、利食いするためには1.16台に突入しないといけない。1.17台の前半は固そうに見えたが、ニューヨークの序盤で1.16台に突っ込んだ。私は連敗していたと言うこともあって速攻で買い戻したが、その後の戻りを再び売り込んで25ポイント分の損を出すこととなった。ヤレヤレである。

 テレビ討論会も終わって、昨日の米国株は追加対策の法案の合意ができるかどうかで揺れた。第4弾の経済対策までは簡単に通過してきた法案も、感染拡大が目立たなくなってくると政治の材料にされているのだろうか。大統領選の後まで法案の合意ができないという見方まである。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る