ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

タカ派にも聞こえてしまうラガルド発言、
ユーロ強含んだが各国の景況感データ待ち

2021年01月22日(金)15:14公開 (2021年01月22日(金)15:14更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日のマーケットではリスク動向の変化が乏しかった。バイデン氏の大統領就任が無事にすんで、それに対するご祝儀相場が終わったことによる材料出尽くし感である。米国株の値幅は一日を通しても、とても小さいものでおさまった。

 若干、気になるところはECBのラガルド総裁の発言である。これまで金融緩和の拡大を強調してきただけに、PEPP資金に関しては「他の融通手段があるならば、資金枠を全部使い切る必要はない」というコメントはタカ派に聞こえた。

 金融引き締めというわけではないが、アメリカもテイパリングがウワサされている最中でもあったので、全面的な緩和状態からの脱出を想起させた。それによって為替相場ではユーロがやや強ぶくんでいる。

 ユーロドルは1.21台の後半まで上がってきているが、今月に入ってからのロングのシコリが被さってきていて、簡単に上値を追いかける状況にはない。確かめる必要のあるラガルド総裁の発言の真意が判明するまで時間がかかりそうだ。

 今晩はドイツ、イギリス、アメリカといった主要国の景況感指数が出る。半年前から景況感は改善の傾向を示しているので、今回の数字で格別のことが起こるわけではない。ただワクチン接種の開始がどのくらい市場のセンチメントにプラスに影響を与えているのかを見ないといけないところだ。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る