ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

下ブレ経済指標で株価回復しドル全面安、
FRBの態度に不信感が増す裏返しかも

2021年05月17日(月)15:27公開 (2021年05月17日(月)15:27更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 先週の金曜日は出てくる経済指標がおしなべて市場予想を下回るものばかりだった。それが幸いしてか、先週に高まりつつあったインフレ懸念の払拭に役立ち、ドルの長期金利は低下傾向を鮮明にさせた。値幅こそ大きくはなかったものの、為替相場ではドル円やユーロドルなど、主要通貨はドル安の地合いを着実にした。

 しかし先週はインフレ懸念で振り回された。もっとも高い位置で始まった株価だったが、世界的なインフレ懸念の影響で急落に転じ、週末には米国株はほとんど元のレベルにまで完全復帰している。なんのこっちゃという感じである。

 それもFRBの示す態度に不信感が増してきたからだろう。雇用環境がタイトであるのが示されたのに、依然として回復までほど遠いとしている。また食品、工業原材料の急騰にもかかわらず、物価高は一時的なものだとしている。マーケットはFRBのガイドラインを実情に合わせて変更するべき材料を求めているのかもしれない。

 日本のゴールデンウイーク明けまでの5月第2週までは、米国株も連日の続伸で史上最高値を記録していた。そのためか言い古されてきた「セル・イン・メイ」の格言は誰も口の端に乗せなくなっていた。これが大幅調整を強いられた今週の一連の動きの中では、再び「セル・イン・メイ」が取り沙汰されるのだろう。

 そもそも論として「セル・イン・メイ」というくらいだから、5月は株価が高いのである。株高な状態が続くのである。そこを逆張りにするのだから、目先で最高値を更新している株価を見せられては、「セル・イン・メイ」とは言い出せないだけなのだろう。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る