ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

景況感の大幅低下に地政学的リスクの高まり、
小売売上高でのドル相場のゆくえ注目!

2021年08月17日(火)15:28公開 (2021年08月17日(火)15:28更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は日本のGDPが発表された。結果はプラス1.3%で、事前の予想を上回った。それにも関わらずマーケットの反応は冷ややかな形となった。日本株が大きく値を下げてきたのだ。解釈はいろいろつくだろう。

 新型株のコロナ蔓延が完全に織り込まれていないから、将来の数値は悪化するはずだ、などなど。週末にタリバンが首都を制圧して、アフガニスタンの大統領も国外に脱出したという報道も、地政学的リスクの悪化を匂わせ、リスクオフの原因の一つとなっている。

 リスク回避の状況は継続していて、着実にクロス円は安い。ユーロ円は130円台に戻ることはなく、129円台の前半まで押し込まれた。きれいな形で動いたのはドルストレートよりもユーロ円などクロス円のほうであった。

 不安材料を上げればキリがない。コロナ感染の拡大も一服していないし、雇用がどうなっているかなど。高すぎる株価も、高いということ自体が不安材料を提供しているようなものだ。

 ドル金利は低下した。地政学的リスクの高まりだけではなく、エンパイア指数が悪かったことも要因である。先週のミシガン大学も含めて、米国の景況感はちょっとピークアウトした感が強まっている。

 楽観的になりすぎたことによる反動と、新種のコロナ株による不透明感がなせるものだろう。この景況感の悪化は、今後のアメリカの金融政策にも影響を与えそうだ。つまりテンパリングの開始が遅まるのではないかということ。そうなるとドル相場の一段安も考えられる。

 今晩は小売売上高が出る。コロナ禍からの回復感を測るうえでは、景況指数とともに消費動向は大事な指標だ。あまり芳しくない結果が出ると、ドル金利は一段の低下が促され、ドルも下落を余儀なくされる。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る