ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル金利さらに上昇にドル相場は素直に反応、
債務上限に中国の国内情勢など予断は許さず

2021年09月29日(水)15:06公開 (2021年09月29日(水)15:06更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

  昨日は再びドル金利の上昇が顕著になった。欧州時間から10年ものの利回りは1.50%を越えてきて、さらに加速の様相。為替相場では最近はドル金利の動きに敏感に反応してきているので、素直にドルの全面高となった。ドル円は111.60辺りまで吹き上がって、ポンドドルも下げがきつかった。私はユーロドルのショートで参戦していたのだが、いちばん効率が悪かったようだ。このステージではほんの10ポイントほどの変動しかなかったのだ。

 ニューヨーク時間になると米国株が下げ足を速めだしたので、リスク回避の動きも出てきた。ドル円やユーロ円は値を戻す。米上院で債務上限引き上げの法案採決が阻止されたことで、政府機関のシャットダウンの可能性が高まったのだ。どうせいつものように短期の暫定予算なんかを組んで、場当たり的な解決策は見いだすのだろうとわかってはいても、マーケットはリスク調整を余儀なくされた。それだけリスクテークしすぎていたということの表れでもある。

 一度押し込まれたドル円であったが、米ドル金利のさらなる上昇もあって、再び111.60をトライする事となった。そしてそのままほぼ高値引け。ドル相場は強いままである。今日は日本株の配当取りの権利落ちもあって、日本株が安い。

 それに加えて中国の停電事情がどうやら一時的なものではないのではないかとの観測が強まってきて、アジア株全般が軟調となっている。これによるリスク回避の動きもあろうが、ドル円は111円台のミドルアッパーを維持している。

 今年の高値を控えて短期筋のドル円の買い戻しも巻き込んで、需給面からはとても腰が強い。またドル金利の上昇傾向も、ドル買いに支援を与えている。当面はドルロングで攻めたいと考えているが、ここからドル円を買って行きにくいのであれば、ユーロドルを突っ込み売りしてみるのもよいだろう。

 まもなく緊急事態宣言が解除されることになった。もちろんまだ制限付きではある。それでも感染者数が減少してきて、その上、重傷者数も減ってきている。事態は改善に向かって動いているのは明らかだ。しかし問題なのは、なんでここまで改善したかである。その議論があまりにもなおざりにされているように見える。9月に入ってからでも、誰も減少傾向をたどるだろうと予想した評論家や専門家はいなかった。

 しかしこうなってくると政府や調査期間が出す報告が、今後も使えるのかどうかが問題となってくる。起こった結果を明確に説明してくれないことには、何を信じて行動すればよいかわからないからである。果たして、マスクをすることで感染拡大は防げたのか、人流の抑制は必要だったのか、ワクチンの2回接種は本当に有効だったのか、などなど。再度の吟味、検討が必要であろう。

日本時間 15時00分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較
トルコリラスワップポイントランキング 人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る