ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

PIGS問題再燃
正念場の4月相場は材料もいっぱい出てきそう

2010年04月07日(水)19:28公開 (2010年04月07日(水)19:28更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 PIGS問題がまた蒸し返されてきた。世界的にイースターなどの祝日明けで、夜に予定されているイベントも少なかった昨日、為替市場も凪の状態が続くのかと思われたのだが・・・。今いちばんの当事者であるギリシャが、IMFの融資がおこなわれるにあたっての条件が厳しいので、IMFには支援を求めたくないと、まるでゴネはじめている?というようなニュースが出てきたのだ。イースター休暇の間に、ギリシャの副首相が「次はポルトガルだ!」などと発言していたこともよくなかったのだろう。

 4月に入ってからというもの、マーケットではリスクテークへの意欲が強く、株高、コモディティ高となっていて、そのような時には上昇しやすいクロス円もすこぶる堅調だった。これにつられて今週はじめにはユーロドルも1.3590付近まで戻す場面もあったほどだ。

 欧州市場の株価は、米国の雇用統計が先週の金曜日に3年ぶりの良いものであったことを、遅ればせながら織り込みにいく好調なスタートとなった。先のギリシャ報道で、すでにユーロドルは朝方の1.34台後半から滑り落ちてきていた。しかし落ちてきた後は1.3400ちょうどのところで何度も止まり、1.3420を上限にして、20ポイント幅を往ったり来たり。ギリシャ政府の高官が必至に報道を否定しているのが効いているのだろうか。

 しかしこういう動き方をしている場合、1.3400台を割れると面白いかもしれない。走り出すと動きが早いことが多いのも、ユーロドルの特徴でもある。私は1.3400ちょうどにストップ注文を置いて、1.3400がついたらユーロドルのショートポジションができる注文を出した。

 私の注文はほどなくダンになったのだが、見ると、ギリシャ国債の利回りも跳ね上がっていた。ドイツ国債との利回り格差は、ユーロ導入後の最大にまで拡がっていたようだ。ユーロドルは1.33台ミドルまでは勢いよく落ちてきた。しかし米国市場がはじまると1.3350台で止まり、微妙に5分足の安値を切り上げてきた。
 確かに目論みどおりに走るには走ったが、100ポイント級のものとはならなかった。やはり参加者はまだ少ないのだろう。深追いしてもあまり分がなさそうなので、私はポジションをクローズすることにした。

 さて、今晩である。
 ドル円の時間足のチャートでは、まだ今週はじめにつけた94.78付近から引いた上値のレジスタンスラインがまだ効いている。そこで私はラインぎりぎりの94.20にロスカットを下げて、前日につくったドル円ショートのポジションの残りでまだ臨み続けている。

 2月に米国が電撃的に公定歩合を引き上げた後、初めておこなわれた3月中旬のFOMCの議事録が公表された。超低金利を「かなり長い期間」続けるという文言に変更があるかが注目されていた。結局、変更はなく、利上げについても、遅れるよりも、早めることによるリスクのほうが高い、という認識だった。

 米国の利上げを囃してのドル独歩高とはなりにくくなった感じもするが、今晩のバーナンキ議長の講演など、要人発言にも振らされる可能性もある。また原油価格は87ドル台に乗せ、戻りの最高値を更新中なので、今晩の原油在庫は気になる。もう一段の上昇となれば、またリスクテークの動きが強まって、ドル円、クロス円ショート勢には苦しい局面となるかもしれない。気をつけておかねば。


日本時間 18時40分
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る