ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

吉田恒さんに聞く(7)
~株と為替の連動性はなぜ薄くなったのか?~

2008年08月12日(火)16:09公開 (2008年08月12日(火)16:09更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!


「吉田恒さんに聞く(6) ~円全面高のリスクはあるが、ドル/円の最安値、79.75円は割らない~」からつづく)

 ここまでドル/円、ユーロ/ドルを中心として、吉田恒さんに為替相場の見通しを聞いてきたが、最後に「為替以外の相場」と「為替相場」の関係について、吉田さんに解説してもらったので、それについて触れておきたい。

 「為替以外の相場」というのは、一つは株、もう一つは原油である(原油については次回触れる)。

■株と為替の連動性が薄くなってきた

 昨年のサブプライムショック以降、株価が急落すると、それに連動して為替も動き、ドル/円をはじめとして急激な円高がやってくるシーンがよく見られた。”世界同時株安、もれなく円高のおまけつき”といった感じになっていたのだ。

 ところが、最近は株価がガーンと下がった場合、ドル/円も下がりはするものの、以前ほどは下げがきつくなく、意外としぶとい感じがする。

 上の2つのチャートはニューヨークダウとドル/円の動きを比較したもの。つまり、株と為替の動きを比較したものだ。上のチャートが07年10月~08年3月の6ヵ月間、下のチャートが08年4月以降のものとなっている。

 これを見ると、確かに今年3月ぐらいまではかなりきれいに連動していたのに(途中、やや連動性が薄い時期もあるが…)、最近はその連動性がなくなっているように見える。これはなぜなのだろうか?
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る