ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米ドル/円は「トライアングル」上放れと
「三尊型」崩壊で、106円まで上昇する!?

2009年06月12日(金)16:35公開 (2009年06月12日(金)16:35更新)
陳満咲杜

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 最近の為替市場では、クロス円(ドル以外の通貨と円との通貨ペア)相場の堅調が目立つ。英ポンド/円、豪ドル/円をはじめとして、年初来高値を更新している通貨ペアが多い。

 その背景には、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドルなどのメジャー通貨ペアにおいて、米ドルのリバウンドが続かなかったことに加えて、米ドル/円が堅調であることも見逃せない。ここに、今後の相場を占うヒントがある。

■足元の米ドル/円の堅調地合いが意味するものは?

 英ポンド/米ドルの値動きを例に挙げると、6月3日に高値1.6662ドルをつけた後は8日まで下値模索の展開となって、850pipsの下落となった。だが、11日には1.6621ドルまで値を戻している。

 ちなみに、この間の米ドル/円は3日安値95.41円から99円手前まで上昇し、その後は軟化したが、現執筆時点でも97円台後半を保っている。

 だから、両通貨ペアのレートを掛け算(ビットとオファーのクロス)すれば、英ポンド/円の162円タッチも当然の結果と言えるだろう。
英ポンド/円 1時間足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 1時間足

 そうであれば、米ドル/円の動向は非常に気になる。2008年9月のリーマン・ショック以来、避難先として選好された円ではあるが、2009年の年初からは、まず対ドルで売られている。

 相場の基調変化という観点で考えると、足元の米ドル/円の堅調地合いは、なんらかのサインを発していると思われるのだ。

■「三尊型」が完成せずに崩壊する可能性が浮上!

 具体的に、米ドル/円に何か変化があったのか?

 一言で言うならば、4月6日の高値をトップとする「三尊型(※)」といったフォーメーションが、崩壊するかもしれないということだ。

(※編集部注:「三尊型」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。仏像が3体並んでいるように見えるために「三尊型」と呼ばれていて、人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼ぶこともある)
米ドル/円 日足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 上に示した米ドル/円の日足チャートを見ると、米ドルが急上昇した6月5日(金)に、「三尊型」のネックラインが破られていることがわかる。さらに、4月高値と5月高値を結ぶレジスタンスラインをもブレイクし、「三尊型」が崩壊する可能性が出てきた。

 しかし、「三尊型」の崩壊を確認するためには、米ドルのさらなる上昇が不可欠だ。
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る