ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

黒田会見の終了と同時にドル売り円買いの為替介入、
財務省が動いたことで日銀への注目度は大幅低下か

2022年09月23日(金)15:41公開 (2022年09月23日(金)15:41更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 黒田総裁の会見が終わったのと同時に、為替介入が行われた。ドル円は146円台に上がり詰めそうだったところ、140円台まで急落。その後は143円台まで戻すなどチョッピーな動きを強いられた。

 政府による実弾介入がどこまで本気で腰が入っているか未知数だからである。日銀が金融緩和のスタンスを繰り返し明確に示しているのに、政府の都合で円買い介入して円資金のタイトニングにつながることが許されるのかということである。

 日銀が態度を変えないうちに財務省が動いてしまったことで、今後の日銀の注目度はかなり薄まることが予想される。誰も見解を聞くことはなくなるだろう。今回の日銀の会見が大きな注目を集めていたのは、世の中の常識として日銀が方針を変えない限りは、政府はそれと矛盾した行動は取れないだろうとみていたからである。

 ドル円が上昇してきて円買い介入をしないといけない必要性に駆られてきたのだから、その前振りとして日銀が何らかのアクションを示すと思われていたからだ。日銀の意向と関係なく為替介入が行われるということになると、もはや日銀の金利スタンスはどうでもよい。金利は金利で勝手にやってくれということだ。


日本時間 15時30分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る