ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円の介入による激しい動きで鳴りを潜めるユーロ、
利下げ幅縮小に現実味が出てくるなか米企業決算に注目!

2022年10月25日(火)15:30公開 (2022年10月25日(火)15:30更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 週明けの早朝のマーケットは非常に相場が不安定だった。金曜日に日銀の介入の動きもあったからだが、ドル円はクォートが10ポイントでユーロドルは6ポイントとかで相場表示がなされていた。ドル円は早朝で147円台の中盤で始まったものの、7時を回る頃にはもう148円台に乗せてきていた。やはり介入があったとは言え、どうしても割安に見えて仕方がないのであろう。

 多少の行きつ戻りつがありながらも、ドル円は149.65辺りまで値を伸ばし、再び150円台を望める位置にまで来た。このままだと先週の待つの介入は水疱に帰す。そこで介入が入ったようだ。確かに鋭く下がったが、145円台まで。すぐにドルが買い戻されてしまうまで、1時間もかからなかった。東京クローズ段階では148円台の後半。朝よりも円安が進んでいることになる。

 介入の是非はともかく、149円台に乗せて欧州時間は始まった。最近は注目度が薄くなってしまっているユーロドルだが、ドル売り介入の影響を間接に受けて、なかなか安値突っ込みしなくなってきている。むしろ押し目が浅いものとなり、次第に水準を切り上げてきてもいる。ドル円の介入なのに、回り回ってユーロドルがパリティを回復しようものならば、それはそれですごい事である。

 関心の高かった主要各国のPMIは、総じて予想を下回るものであった。景気後退がますます意識され、12月FOMCからの利上げ幅縮小が現実味を増してきた。しかしドルの腰は強い。深く押し切らないのである。介入とか下後で146円台とか145円台を見せつけられると、買う方も148円台とかは買いにくいだろう。下がるのを期待すればするほど、下がらないものである。

 さて今晩からは米企業のなかでも大どころの決算発表が始まる。まずはマイクロソフトとグーグルだ。これのみで景況感を見るのは危険だが、米国株全体に与える影響も大きいので、無視はできない。また利上げ原則論の裏付けをともって、ドル相場が軟化するかもしれない。またその反対もある。

日本時間 15時10分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る