ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リセッション懸念を強めたアメリカの貿易収支、
来週のFOMCまでドル円もコアレンジ内留まるか

2022年12月07日(水)15:41公開 (2022年12月07日(水)15:41更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は月曜日の流れを引き継いだ。ここ2、3日の経済指標がおしなべて良いものが並んだ後に、さらに貿易収支の悪化が懸念されたかたちだ。貿易赤字の拡大も、これだけドル高が進んできた後では当然のことである。米側の輸出がコスト的にしにくくなり、安くなったので輸入は増えるはず。

 これは外需の減少をもたらすので、GDPにはマイナスに作用する。ただでさえ第4四半期はマイナス成長かと疑われいるところに、材料を提供したかたちとなった。しかも貿易統計は通常の経済指標よりも1ヶ月分だけ発表が遅れている。来年の1-3月期のGDPも見越してリセッション予想が強くなるのも無理はない。

 ドル円が135円から137円がコアレンジなったようで、私もそれに沿ってのトレードを行った。つまりはレンジ取引に徹したのだ。来週のFOMCまでは不必要にポジションを傾ける必要もないだろう。そして実際にうまくいった。仮にレンジブレークするときが来ようとも、そのときには単純に損切りすればよいのだ。ダマシがあったにしても、無理にレンジ内に拘る必要もないだろう。

 今週に入って米国株が大きく下落している日々が続いているが、日本株はほとんど落ちない。しかも9時過ぎからは猛烈な買いに襲われている。短期筋のショートもいったんはメクリ上げられる格好となっている。これは10日前後に集中している公務員やサラリーマンの冬のボーナスを当て込んだ新規ファンドやETFの設定による。

 どうせ買いが出るのはわかっているので、そのフロントランニング的な買い上げが先行しているのだ。仕込みだと一手もよいかもしれない。これが実に日本株のバリューをゆがめている。怖いのはそれを過ぎた来週からの展開だ。とくに12月SQ値の決定を終えた後の相場展開が気にかかるところだろう。


日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る