ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ売りの我慢大会も、
クリスマスモードの小動きで冴えず

2010年12月22日(水)18:58公開 (2010年12月22日(水)18:58更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日のアジア時間のランチタイムに、中国がユーロ圏への金融支援をするという話しが出てきた。1.31台のローでずっと小動きを続けていたユーロドルは、1.31台後半まで急伸することとなった。しかしアジア時間につけるユーロの値段ほど怪しいものはないと思っている私としては、50ポイント上をロスカットレベルにすることにして、1.3180で売り込んでいった。

 欧州市場に入って1.32台をつけていって、あわや!という状態になりそうだったのだが、すぐにまた1.31台ミドルに下落していった。ポルトガルが格下げ方向という話しが伝わっていた。しかしまたまたユーロドルは、そこで停滞した状態が続き、動きがなくなった。前日の安値である1.3095を下回ったところで売り増しをする意気込みはあるものの、クリスマス前で参加者も少ないため、なんだか空振りに終わるかも~。

 米国勢が入ってくるとまたユーロドルは1.31台後半に上昇してきた。しかし反発もあまり続かず、また下がりはじめ、ほどなく1.31台ミドルに沈んできた。2回もヒヤリとさせられたことだし、私は売り増しの注文を置くのは止めた。とりあえず、ファーストターゲットにしている1.3000の大台割れの直前となる1.3005に利食いを置き、ロスカットもコストと同じくらいまで下げて就寝することにした。

 朝見ると、ニューヨーク市場の午後にユーロドルは1.3070付近まで下落していた。引は続きユーロ圏の格下げ話しが出続けていたようだ。しかし1.31台に戻し、アジア時間から欧州序盤にはいっても、ずっとユーロドルは1.31台のローからミドルをウロウロ。ああ、冴えない。

 昨晩は皆既日食だったらしいが、冬至に重なるのは456年ぶりらしい。欧州ではルネッサンスと宗教改革の時期で、日本では戦国時代だ。当時に日本に伝わったキリスト教と鉄砲も、欧州の宗教改革のなかでとらえることができるわけだが、常に世界がつながっているというのは昔から変わらないようなぁなどと、思わず取り留めのないことすら相場を見ながら考えていたら。コストの10ポイント下あたりまで来てしまった。ああ、つまらない。

 今晩はアメリカの中古住宅販売くらいしか重要イベントはない。だが、株価も高値追いをしているなか、あまりインパクトはないだろう。ギリシャの予算案の採決に向けてのデモや、朝鮮半島の動向など、そうした政治的な動きのほうが気になってくるのかもしれない。


日本時間 18時50分
 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る