ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

菅首相の心配なし発言で逆に失速、
手がかりはユーロポンド?

2011年01月12日(水)18:40公開 (2011年01月12日(水)18:40更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の野田発言のアジア市場での反応は限定的だった。あまりイベントのなかった海外市場ではそれなりに響くこととなり、ユーロ円の突っ込み売りをしづらくなったことは確かだ。今週に入ってから、そもそもユーロ円は106.80から106.90あたりで3回も止められている。テクニカル的にはトリプルボトムの形となっており、その後押しを財務相の言葉がなしたという構図になっているのだ。

 欧州の債務問題で日本が助力するからといって、格別にユーロ買いをしないといけない理由には乏しいのだが、当面は106.80を下回ってこないと、ショートには振り向けづらいのはわかっていた。しかし欧州市場でユーロ円のショートを作ってしまったため、すこぶるポジションを持っていても、どうも気分的にはすぐれない。

 昨晩もイベント少なしの状況で、株や債券といった資本市場の動きが小さかった。それでもユーロ円の買い圧力だけは強くて、107円台を割ることもなくなってきた。それどころか107.50でつくったユーロ円のショートは、ひどいアゲインストにもならないとはいえ、繰り返してそのゾーンに入ってくる。どのみち30、40ポイントでロスカットするつもりだったので、コスト付近でポジションをクローズして、早めに寝ることにした。

 ニューヨーク時間ではついに108円台を見るにいたっていた。まあ、それでも値幅は1円もないのも事実。ユーロドルも海外市場では、ずっと1.29台にステイし続けていた。WSJ紙には、ユーロ圏が救済基金の規模を増やすというような話しが出ていた。野田財務大臣の話しといい、何かそうした動きがあるのだろう。しかし日本の国債の消化は国内がほとんどとはいえ、今年は債務総額が、ついに対GDP比で200%越えの見通し。救済する立場なのか?といいたくもなる…。

 ともかく今日の午前中は、ドル円の83円台を日本人がやたらと買っていた。だが午後には失速してきた。管首相が「2番底の心配がなくなった」というような発言をしたことで、政府や金融当局からの積極策があまり出てこなくなるのではないかという思惑を呼び寄せた。日本株も下落に転じ、リスク回避で円買いが起こり、ドル円は83円割れをトライしている。

 今晩もイベントは少ない。そうなるとドル金利や米国株の動向に左右されることになりそうだ。欧州市場ではポルトガルの入札への見通しが楽観的なようで、ユーロは強い。ただ私が気にかかるのはユーロポンドの安さである。昨夜も0.83台割れを狙ったが、今のところ押し戻されている。ユーロ売りのバロメーターとしてはもってこいなのだが、再び0.82台に突入するようであれば、思い切ってユーロ円でも売りこんでみようかと考えている。そんなことでもないと、クロス円をショートに振っていく地合いではないのだから(^^;)。

日本時間 18時30分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る