ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

とうとうアメリカが格下げに!
リスク回避が続くかどうかGS決算に注目

2011年04月19日(火)18:49公開 (2011年04月19日(火)18:49更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はドル円のショートで臨んだが、めずらしく自分の思惑通りに進んだと思える一日であった。アジア時間は82円台の後半で小動きだった。やはり方向感を持ってマーケットが動きが出てきたのは、欧州時間になってからである。

 まずはアイルランドの商業銀行がいくつか格下げされて、ユーロ売りとなった。当然のごとくユーロ円も売り込まれた。週末にフィンランドの議会選挙の結果もあったので、ユーロの下落には注意していたであろうに、ユーロドルは1.43台割れも試しにいった。ユーロ円はいつしか118円台ミドルへ。ドル円が為替相場の中心的な役割を演じていないので、ユーロ円の下げに少しつられた程度の下げだった。しかしこれは予想していたことでもある。

 米国市場ではシティの決算発表が終わった。あまりパッとしない結果ではあるが、とても悪いわけでもなくマーケットの反応は薄かった。ああ、あとは何もないなあと思っていたところ、いきなりのアメリカの格下げというビッグニュースが飛び込んできた!格付けこそはダウングレードされていないが、アウトルックはネガティブになった。

 やっと来るものが来たかという感じだ。それでも単純なドル売りとはならなかった。ドル円は不思議と82.50あたりで止められてしまう。米国株が大きく値を切り下げているというのに、ドル円もユーロ円もあまり下がらなかった。それでもドル円が上がってきているわけでもないので、ポジションを閉じる理由もない。とりあえずストップ注文を欧州時間でもつかなかった@82.95まで下げての様子見だ。

 動きだしたのは夜中の0時に近づいたころだ。ユーロドルが急落して1.41台のミドルまで突っ込んだ。このステージでユーロ円も116円台まで見ることになって、ドル円もようやく82円台の前半まで下がってきた。私の利食いターゲットは82.05だったが、もう82.35とかまで来てしまったので、別の決断を迫られる。

 利食いレベルよりもストップレベルのほうが遠いという、リスクとリターンのミスマッチな状態になっているからだ。ここで折り返したら悔しいだろうから利食ってしまうか。または買いのOCO注文自体を、もっと下げてしまうかである。結局、私は82.27で利食いするほうを選んだ。なにしろユーロ円は急激に回復に向かっていたからだ。自分を慰めるために、また上がってきたら売り込めばいいさと思っている。

 本日のアジア時間ではドル円は下サイドをトライしなかった。ユーロ円も117円台でもんでいた。ギリシャの短期債の入札がとりあえず通過できた安堵もあるのか、欧州時間に入ってから、ユーロ圏の材料でドル円、クロス円が下向きには動かされていない。

 今夜は米企業決がたくさん予定されているが、なかでも注目はGS(ゴールドマンサックス)だろう。東京時間の20時に発表されるので、トレードするにはもってこいの時間である。昨夜の米国市場でリスク回避が進んだこともあり、それにフォローするかどうかの分かれ目になるのではと思う。その時間帯をはさんでドル円やユーロ円が下げ基調であるならば、私は突っ込んででも円ロングに持っていきたいと考えている。


日本時間 18時50分

 


 

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る