ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ周辺国の混乱にも関わらず、
なぜ、ユーロは上昇しているのか?

2011年04月21日(木)15:27公開 (2011年04月21日(木)15:27更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 こんにちは。

■ユーロが1.4530ドルのバリアをついにブレイクした

 先週から今週前半にかけて、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は、一度大きく下落した後、急上昇する展開となっています。

ユーロ/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 4時間足

豪ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/円 4時間足

 ユーロ/円は116円台から120円台、豪ドル/円は86円台から88円台を回復するという乱高下を演じています。

 まず、クロス円相場の重要なカギを握るユーロ/米ドルですが、先週のコラムで懸念したとおり、1.4530ドルのバリアに阻まれて、いったんは急落しています

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 ただ、先週のコラムでご紹介した世界最大の通貨ヘッジファンドである「FX CONCEPTS」が、重要なラインであるとして挙げていた1.4150ドルではサポートされ、そこから急反発しています「ユーロ/ドルはアタマ打ちか?世界最大の通貨ヘッジファンドが予想する下値メドは?」を参照)

 メイントレンドに戻ったユーロ/米ドルは、4月20日(水)に、1.4530ドルのバリアをついにブレイクし、現執筆時点(4月21日 13時)で1.4582ドルまで高騰しています(※)。

 また、連れてクロス円も急反発している状況です。

 結局、調整が終わると「米ドル安&円安」というメイントレンドは変わらないという相場展開になっています。

(※編集部注:その後、4月21日 15時20分時点で、1.46ドル台に載せている)

■ユーロ周辺国と、スペインやイタリアでは事情が異なる

 それでは、悪材料が多い中でも上昇を続けているユーロの背景を探ってみましょう。

今週に入り、フィンランドの議会選挙や、ギリシャ国債の利回り急騰などユーロ周辺国に対する悪材料が噴出しています


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る