ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

欧米はイースター休暇に突入、
こんな時はお休みモードで英気を養おう!

2011年04月22日(金)18:33公開 (2011年04月22日(金)18:33更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 それにしても昨日のユーロドルの上げは激しかった。やはり1.45台にクリアに乗せてきて、その後の目標が昨年の最高値である1.4579になってからというもの、そう簡単には抜けなかったのだが、抜けたとなるとテクニカル的にも重要なテクニカルポイントでもあるだけに、その後の買い戻しは激しくならざるを得ないといったところなのだろう。

 東京時間のランチタイムにも微妙に抜けていたが、明確にそれが起こったのは、欧州市場に入ってからである。まったくアジア時間では動きがなく、その時間にユーロドルのロングポジションを持ってしまった私としては、動きはじめた頃には、ついに来た!という喜びよりも疲労感だけがどっと出てきた感じだった。

 とりあえず1.46台見たら達成感が出てしまうかも?と1.46台前半で利食ってしまった後に、1.4650近辺まで上げているのを見ると、ちょっと悔しい気にもなってきた。このまま1.47まで軽く行ってしまったら後悔しそうな気もする。しかし高値を追っていく勇気もわかず、お拾い場面が来るまで待つことにした。

 欧州からの経済指標は押し並べて良いものが並んだので、欧州固有の売り材料は少ないはずだった。19時を回ったあたりからユーロドルの上値が重くなり出した。ユーロ売り要因でないとしたら、ドル買い要因なのだろうか。そういえば19時半からは米企業決算が出てくる。インテルとアップルの好決算で米国株が急上昇したのは記憶に新しいはずだから、その連想が働いているのかもしれない。米国株高は何と言っても単純なドル買い要因のはずである。

 ユーロドルはしばらくは1.46台をキープしていたが、アメリカの決算発表はマチマチだったようだ。GEは80%増益だったらしいが、モルガンスタンレーなどは債券投資の巨額ロスもあって大幅減収。さらには失業保険の数字も悪かった。あっという間にユーロドルも1.45台ミドルまで落ちてきた。

 フィリー指数もびっくりするほど悪かったため、ドル安の方向にはバイアスがかかったようで、結局、ユーロドルは1.45台の前半まで落ち込むことになった。ここで拾うかどうかだ。でも日曜日のイースターに向けて、翌日は休場となるマーケットも多く、マーケットは閑散としていくだろう。拾う気満々だったくせに、1.47台どころか気がつけば100ポイント強の下げを見てしまうと、すっかり気持ちも萎えてしまった。

 本日のアジア時間、昨日1.46台をつけた後の押し目レベルである1.4530をバックに、またフレッシュな気持ちでユーロドルを買ってみたりもしたが、1.46台を見ることもなく、なんだか遠く感じるほど動きが鈍い。まあったく海外勢が不在なのだし、私も無理するのは止めようとポジションはスクエアに戻した。

 毎年のことだが、イースターと5月の最終金曜日だけはトレーダーはやることがない。こんな時は、たまった録画でも見て過ごすか、パソコンにたまった使わないファイルでも整理するに限る!

日本時間 18時30分


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 人気FX会社ランキング
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る