ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米国経済の減速懸念で徐々に円高へ。
米国株が崩れないかぎりNZドルも底堅そう

2011年06月09日(木)15:54公開 (2011年06月09日(木)15:54更新)
西原宏一

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■米国の景気減速懸念から、為替相場は円高へ

 さて、米国株式市場が軟調な展開となる中で、スイスフラン同様に注目が集まり始めたのが、同じく「避難通貨」の側面を持つ「円」です。

 スイスフランがこれまで堅調に推移する中、景気の先行きが不透明な日本の通貨である円は、スイスフランに対して弱含む展開でした。

 その後、マーケットがリスクオフモードに以降しつつある中で、遅ればせながら「円」も選好され始めていて、米ドル/円やクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は徐々に値を下げてきました。

 前述のように、80.00円を割り込んだ米ドル/円は、一時79.68円まで下落しました。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 これまでのところ、米ドル/円は79.50円のバリアに支えられた形になっており、現執筆時点では80円台前半まで回復しています。ただ、米国債利回りの低下が重しとなっており、上値は限定的でしょう。

 さらに、6月6日(月)時点の東京金融取引所「くりっく365」のポジション動向を見ると、米ドル/円のネットのロングポジション(買い持ち)が過去最高の32億ドルまで達しており、このポジションが米ドル/円の上値を抑制する可能性は高いです。

 しかし、米ドル/円の下落スピードは緩慢です。

 6月3日(金)発表の米国雇用統計の数字を見ると、すでに赤信号が点灯していると思われますが、現状の米国経済の情勢を「ソフトパッチ(景気の一時的な低迷)」と表現している市場参加者は多く、米国株の下落も限定的であるため、米ドル/円が急落するような環境ではないようです。

 米ドル/円は上値を確認しながら、徐々に79.00円方向に下落していくのではないでしょうか?

 友人のヘッジファンドも、上値の重い米国株に対するヘッジも含めて、円のロング(買い持ち)を増やしているもようです。

■ユーロの7月利上げは相場にかなり織り込まれた

 さて、6月9日(木)の欧州市場では、注目のECB(欧州中央銀行)理事会が開かれます。

マーケットでは、理事会後の声明において、トリシェ総裁が「strong vigilance」のトリシェコードを使い、7月の利上げを示唆することが期待されています

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

ユーロ/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足

 ただ、今回のECBのアクションはかなりマーケットに織り込まれています。

 そのため、発表後に「sell the fact(事実で売れ)」で、ユーロ/米ドルやユーロ/円が反落する可能性は高く、その動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る