ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

要人発言に振り回されるユーロ、
そしてリスク回避の足音も着実に聞こえる

2011年06月20日(月)18:50公開 (2011年06月20日(月)18:50更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 金曜日の為替相場はサルコジ・メルケル会合で振り回された。ユーロがいよいよ1.40台に到達してきており、私は何度も売りこんで、すぐに買い戻すの繰り返し。今週に入ってからはユーロドルのショートでは不思議と一度もストップ注文の方がつかないので、驚いていたくらいだ。

 しかし金曜日の夕方に1.4160台で戻りを待って、ようやく売ったはずのユーロドルは、気持ち良いほどに一瞬でアウトになった。これからメルケルとサルコジがギリシャ問題で会合を持つという。これでは結果はどうあれ、ユーロ買いに進んでしまう。これまでにも沢山のユーロ売りのポジションが積み上がっているのだから。

 私は金曜日の夜は出かけてしまう予定が入っていたので、それ以降は深追いしないことにした。ドル円の小さいショートポジションで楽しんでいるしかないと思った。後で振り返ると、サルコジもメルケルも口頭ではギリシャへの追加支援を積極的にサポートすると言っていた。しかしそれはまったく従来の見解と変わらない。やはり、今ギリシアの債権者は自主的に払い戻しを求めないような行動に出るようにと、なんとも人任せな対策を打ち出している。

 しかしともあれ欧州の信用不安が鎮まったかに見えた甲斐もあって、グローベックスでの米国株は欧州時間からは大幅に上昇。リスクテークに向けた動きが活発化するかと思われたが、最もリスクの高いものとされているコモディティがまったくダメだ。原油は5月初旬の急落の段階での安値である94ドル台を下抜けしてきて、順次、投げ売り体制となってきており、91ドル台をみるまでに至っている。

 そうした不安定な中で、IMFがアメリカと日本の経済成長見通しを下方修正した。ニューヨーク時間の午後には米国株は売りもの一色となって、それまでの上昇分のほとんどを吐き出した。その過程でユーロドルも若干の利食いに押されたが、それでもスポットは1.43台でクローズ。

 問題はドル円である。あんまり値幅もなく、終日80円台ではあったが、もう80円割れが寸前のレベルで終了。ドル円だけはほとんど戻り場らしい戻りも作らずに、ひたすら下がった感じだった。

 週明けの本日は、そうした米ドルがどこまで下値を広げるかに注目が集まった。先週末はドル安が進んだとはいえ、ユーロドルのドル安はあくまでも信用不安がなくなるのではないかという観測によるもの。

 それを意識してか、今日の早朝からの為替相場の動きは、それらを押し戻す動きとなった。ドル円も80円を割り込むことはなく、ユーロドルも高値追いを止めてしまった感じである。

 今晩は実に経済イベントが少ないので、ユーロの動きにセンシティブとなろう。ユーロドルの切り返しがなく、1.43台はネバーカムバックと見えたら、欧州時間からでもユーロショートにしていきたいものだ。

 

日本時間 18時40分


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
人気FX会社ランキング バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る