ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

イタリア国債の入札不調でユーロが急落。
利下げ観測も台頭し、徐々にユーロ安へ!

2011年09月01日(木)15:05公開 (2011年09月01日(木)15:05更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん、こんにちは。

■「QE3」の言及はなかったが、金融緩和期待は残った

 マーケットの注目を集めた8月26日(金)のジャクソンホールにおけるバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演でしたが、「QE3(量的緩和政策第3弾)」に関するコメントは出ませんでした。

 ただ、そのままですと、株やコモディティに悪影響を及ぼします。よって、バーナンキ議長は次のコメントを追加しています。

 「9月20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)を21日まで延期する」

 このコメントにより、マーケットの金融緩和期待を、9月21日(水)のFOMCまで引っ張ったのです。

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

市場に米国に対する金融緩和期待が残ったため、米国の金利と相関性の高い米ドル/円の上値も、これまでのところは限定的となっています

米ドル/円は当面、76.00円~78.00円のレンジ相場か?

前回のコラムで、「米ドル/円はいったん反発の可能性がある」とご紹介させていただきました「スイス高に続き、円高もいったん収束へ。日本の円高対応策は徐々に効いてきそう」を参照)

 米ドル/円は77.71円まで反発する場面もありましたが、8月の月末に向けて本邦輸出企業の米ドル売りが出たため、それに阻まれて76円台後半まで下落しました。今週の大半は、76円台後半のこう着相場に終始しています。

 ただ、9月初日である本日の東京市場では、米ドル/円は某邦銀による大口の米ドル買いの影響もあって、77円台を回復しています。

引き続き、78円台には米ドル売りの注文が厚く並んでおり、米ドル/円の急騰は期待できないのですが、8月を通して76円台前半が底堅く、依然として下値も限定的です

米ドル/円は当面、76.00円~78.00円のレンジでの推移でしょうか?

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円の行方は、FRBも注目している米国の経済指標が大きなカギを握っています。

 そのため、米ドル/円に関しては、9月2日(金)の米国雇用統計の結果に注目です。 


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る