ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米国はスタグフレーションで緩和は難しい。
日本は「財務相が誰になるか?」が重要!

2011年09月01日(木)17:05公開 (2011年09月01日(木)17:05更新)
今井雅人

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 みなさん、こんにちは。

■FRBメンバー全員が米経済の先行きに懸念を持っている

 今週は、8月9日(火)開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨が8月30日(火)に公表されましたので、まずはこの内容を振り返ってみたいと思います。

 声明は次のようになりました。

 「資産購入や償還期間延長、超過準備金利の引き下げも協議した」
 「少数のメンバーは時間軸に加えて、実質的な緩和策を主張した」
 「一部のメンバーは追加資産購入が可能であると表明」
 「FRB(米連邦準備制度理事会)スタッフは潜在成長率を下方修正」
 「多くのメンバーは見通しのダウンサイドリスクが増したとの認識を示した」

 ここからわかることは、ほとんどのメンバーが米国経済の先行きについて懸念を持っているということです。

 ただ、それに対してどのような対策をとるのかに関しては、意見がかなり割れています。

■米国で金融緩和を求める声は非常に多いものの…

 この会合では、現行の政策金利を約2年間にわたって継続することが決められていますが、10人中3人が反対したことも明らかになっています。

 また、一部で期待が高まっている「QE3(量的緩和政策第3弾)」についても、「一段の踏み込んだ行動を行うべきだ」という意見がある一方、「FRBが保有する短期証券を売却し、代わりに長期証券を買い入れる」といった、マイルドな緩和策にとどめるべきだとの意見もありました。

 このように意見にバラツキがあるのは、米国経済が単純な景気悪化ではなく、景気は悪くなるけれどもインフレ率が高くなる「スタグフレーション」が起こりつつあるからでしょう

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 金融緩和は米国経済にはプラスかもしれませんが、一層のインフレを招きます。さらに、緩和は米ドル安を推し進め、それがインフレ率を高める要因にもなります

 以上のような環境下であるため、委員の意見が割れてしまっているのだと思います。

 ただ、このような状況ですから、追加緩和を望む声は非常に根強いものの、私はそう簡単には積極的な緩和は行えないと思います。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る