ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

「iPhone×指標トレード」を大公開。
豪州雇用統計をiPhoneで狙い撃て!

2011年09月12日(月)12:30公開 (2011年09月12日(月)12:30更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

「海外でも話題のあの女性FXトレーダーがついに明かしたiPhone365%活用術」からつづく)

■いろいろ使い倒したボリ平さんオススメのFXアプリって?

 前回に続き、ボリ平さんの「iPhone×FX」ライフを探ってみよう。

 ボリ平さんのiPhoneには情報系アプリのほか、FX取引用アプリも多数インストールされている。

 「使い勝手を知りたいので、新しいアプリはとりあえず試してみます。

セントラル短資FXフォーランドフォレックスサイバーエージェントFX外為オンラインライブスター証券FXトレード・フィナンシャルIGマーケッツ証券など――」(※)

※FX会社のiPhoneアプリについては、こちらのコンテンツもご参考に
「[iPhoneアプリ&iPhone向けブラウザ]FX会社のiPhone対応を徹底比較!」

 「それぞれ一長一短ありますけど、GMOクリック証券の『iClickFX』のスピード注文はお気に入りですね。昼間にデイトレするときに使っています」

 スピード注文はワンタップで確認画面を省略して注文が完了する「iClickFX」ならではの機能。誤発注は怖いが、発注までのスピードはケタ違いに早い。

 「成行注文を出すなら、発注スピードが早い『iClickFX』がいいですね。

 あとはヒロセ通商の『LION FX』のアプリもいいですね。これと『iClickFX』はあらかじめ設定しておくと、アプリを開けばパスワードを入力しないですぐログインできるようにも設定できるので、急いでいるときに便利なんです」

 パソコンに比べて落としたり、どこかに忘れてしまうリスクも高いiPhone。このあたりはセキュリティとスピード感のバランスを考えて各自で判断を。

 でも、ボリ平さんの発言のなかに聞き捨てならない言葉が…。「昼間のデイトレ」とはいったい?

午前中の豪州経済指標はiPhoneで狙う!

 「オーストラリアの雇用統計とかで、たまにやるんです。アメリカの雇用統計ほどではないですけど、事前予想と発表された数字に乖離があると豪ドルが動くので。その発表が毎月第2木曜日の朝10時半なんです」

 朝10時半なら多くの人が勤務中の時間。通常ならばデイトレなどできない時間帯だが、ボリ平氏はこの時間に休憩を確保、iPhoneのチャートをにらむ。

 「予想と結果の乖離があってサプライズがあると、豪ドル/円が大きく動きます。ただ、さすがに初動の動きは激しすぎるので、iPhoneで飛び乗ろうとしても間に合わない。

私が狙うのは初動のあとのリバウンドです」

豪ドル/円 1分足(クリックで拡大)

 大きく動いたあとはリバウンドがやってくる。急落のあとの上昇、急騰したあとの下落が一度はたいていある。そこがボリ平さんの狙いどころ。

 「iPhoneで『瞬間の勝負』はさすがにできないですが、リバウンド待ちだとじっくり様子を見られる。iPhone向きのやり方です。

急落のあとに1分足や5分足で長い下ヒゲがついたり、短めの陽線が出たら買い、急騰のあとに長い上ヒゲや短めの陰線が出たら売ります

 アセリは禁物。じっくりと反転を見極めてからエントリーを。でも、限られた時間のなかでのデイトレ。決済まで見定めている時間はなさそう。

 「だから、このやり方でそんなに大きくは取引しません。1万通貨か2万通貨の取引で利益1万円をメドに、損切りと利益確定のOCO注文を入れて仕事に戻ります」

「なんちゃって介入」への飛び乗りに気をつけて!

 こうした経済指標を狙ったトレードはあらかじめ時間がわかっているので、外出先からもやりやすいかも。ただし、くれぐれもアセらないこと

 iPhoneだと誤発注の可能性も高いし、限られた時間のなかでのトレードだと、ついつい判断もアセりがち。チャンスがなければ見送りで…と割り切ってチャートを見ておこう。

 「リバウンド狙いのiPhoneトレードは経済指標だけでなく、何かニュースが出たときも取引するんですが、8月の日銀介入ではやられちゃいました。

『介入のときの逆バリはダメなんだ』って今回わかりました(笑)。それに最近は投機筋の仕掛けなのか、“なんちゃって介入”の動きも多いので、ダマされないよう、気をつけたいですね」 

ボリ平さん、1日の相場のチェックポイントは? 

 ボリ平さんは時間ごとに確認する項目が決まっている(以下の表参照)。

 「GMOクリック証券『iClickFX』の「経済カレンダー」で、1日の予定はチェックしています。

 中長期のポジションも持っているので、ポジションやレートの確認はいつもしていますし、株式市場の動きも気にするようにしています。

 あとは欧州時間がどう始まるのか、ですね。東京時間にクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が上がると、欧州時間には下がったりといった傾向もあるので…」

 先に挙げた表を見ると確認事項が多すぎる! と思うかもしれないが、ザイFX!のiPhoneアプリ「ザイFX! for iPhone」のニュースなどを参考にすれば、ほとんどの情報は網羅されているのでご安心を。

もうiPhone抜きじゃトレードできない!

 「今は自分の給料分くらいをトレードで稼ぐのが目標。

 1日1万円が目安ですけど、勝てる日もあれば負ける日もあるので、1日3万円ぐらいを狙っています。

 それにはなるべくチャンスが多い方がいいので、iPhoneがあると便利ですよね」

iPhoneがあれば、取引機会がグッと広がる。ボリ平さんのようにFX会社の取引アプリやメルマガ、ザイFX!アプリなどをインストールして、チャンスを逃さずとらえていこう!

(取材・文/ミドルマン・高城泰  撮影/和田佳久)


「ザイFX! for iPhone」をApp Storeでダウンロードする

【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る