ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

教科書的なECBのドラギ総裁、
ユーロ円はそろそろ面白いかも?

2011年11月21日(月)18:42公開 (2011年11月21日(月)18:42更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 先週末の海外市場では欧州の信用不安が薄らいだ形で始まった。問題であったイタリアやスペインの国債価格がとりあえず下げ止まり、結果としてドイツなどとの信用スプレッドが縮小したからだ。まだまだスプレッドの絶対水準としては大きいものがあるのだが、とにかく目の前での拡大は遠のいたということでマーケットのリスク許容度は増加した。

 そのうえ、直接にお金の出し手になりたくないと言われてきたECB(欧州中銀)が、IMFに資金を提供して、それで欧州危機に対策を打つのではないのかとの見方が広がり、事情の楽観ムードを大きくなった。

 ユーロドルは1.36台まで上昇し、実に久しぶりのレベルだ。私は1.3550あたりが上限だろうと思っていたのだが、存外に上げ余地があったものだと驚いている。それでも私がショートにしなくても済んだのは、ほとんど押し目らしい押し目も作らずに上がってしまったためだ。

 ワンウェーに上がってしまうと、売り手は手が出しにくい。特にフレッシュなショートメークではなおさらだ。裏を返せば、トレンドフォロー系が頑張りそうなところを、わざわざ好んで餌食になるのも嫌だし…。

 しかしユーロベアとしてそんなにのんびりもしてはいられない。なぜならユーロ売りの材料も出ていたからだ。まずはメルケル首相がイギリスのキャメロン首相との会談で、EUの進むべき道に関して完全に合意に至ることができなかったこと。またECBのドラギ総裁が、ECBの責務はやはり物価の安定にあるとし、危機救済が目的ではないとコメントしたことだ。

 もちろん目の前でユーロ買いが進んでいるうちはユーロドルを売り込むわけにはいかないが、いずれどこかで売りたいものである。自分の頭の中には、はやくも翌週以降のアメリカの財政問題があった。

 どこかでリスク回避のポジションを作らなければと気にとめていなければという気もしていた。でもどうもまだイマイチ、ニューヨーク市場が夜中になってしまうことに身体が慣れていないので、結局、その後の1.35台を割り込んだまでにユーロ売りが進んだ相場は見ていなかった。 

 週明けの本日は為替相場では大した値動きはなかったが、グローベックスでは米国が大きく沈みこんでスタートした。米議会で23日までのすり合わせは無理であろうこと、今晩にもギブアップ宣言か?との観測記事が出た上に、ニューヨークで爆弾騒ぎもあったからだ。

 マーケット全体が特にリスク回避に傾いているというわけでもない。リスク相場との相関性の高いユーロ円は、朝から104円ちょうどをはさんで一進一退の動きが続き、ドル円も相変わらずでほとんど動かなかった。

 

 ユーロ円が104円台に戻ってきたら売りたいと構えていたが、なかなか来そうで来ない。こういう時に限ってズルっと下がってしまったりするんだろうなぁなどと思っていたら、案の定。1.3500がサポートされている模様だったユーロドルが1.34台に割れてくると、ユーロ円も103円台のミドルに落ちてきた。慌ててちょっと売ったりもしたが、103円台の前半では止まり、また小動きになってしまった。うーん。

 やはり欧州時間での市場の消化具合を確認しないといけないのかもしれない。先週はユーロドルにこだわったが、ユーロ円も103円台を見てきており、そろそろユーロ円が面白い季節(?)を迎えているように感じている。105円まで戻ったら損切る覚悟で、ちょっと粘ってつきあってみようかと思う。


日本時間 18時30分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
CFD口座おすすめ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る