ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

為替介入のおかげで動かなくなった円相場
このまま今年は終わってしまうのか…

2011年12月27日(火)18:34公開 (2011年12月27日(火)18:34更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はクリスマスの振替え休日で、世界中のマーケットがお休みだった。為替相場も早々にクローズとなり、レベルも先週末の状況と同じようなものだ。私も言うまでもなく、ノーディール政策に徹し、ひたすら休養を取ることに専念した。ひょっとしたら、このまま値動きが乏しければ、年末まで何も取引しないのかも。

 まもなく今年の10大ニュースなどが取りざたされる時期にさしかかっているが、我々のようなマーケットに従事する者にとってのビッグニュースは、日本の震災と欧州危機となるであろう。大震災による景気の低迷を懸念した日本政府は、今年は3月、8月、10月と、3回も為替介入を実行した。

 3月は地震直後のリスク回避による極端なリスク回避で起こった80円割れの円高局面だった。8月はアメリカの債務上限の引き上げ問題とそれに絡んだ米国債の格下げ騒動のときであった。そして10月末のそれは75円台という歴史的安値を、もう放置できないといった感じの介入であった。そもそも景気の下振れを心配するのであれば、株価の下落を食い止めるのが第一目標になるはず。そのために円売り介入をするというのは、理屈にかなっているのかどうか、今でも議論をよぶところである。

 しかし結果だけから見ると、日本株は依然として低迷を余儀なくされており、日経平均株価も8千円の大台を年末までに割り込んでもおかしくない水準でウロウロしている。日本の金融当局が為替相場に介入して、円相場自体をつまらないものにしてしまった。おかげでドル円などは短い日足がたくさん並ぶようになってしまい、誰もドル円のトレードには興味がなくなってしまった感すらある。まあ、当局にとっては動かない相場の方が望ましいのかもしれないが。

 その一方で欧州の信用不安によるリスク許容度の増減は、ユーロ相場を少なからずダイナミックなものにした。ドル円の動かなさをユーロドルやユーロ円が埋めてくれたといっても過言ではないだろう。昨年は欧州危機というものがフレッシュな材料だっただけに、為替相場も過敏に反応し過ぎて、ユーロドルも1.18台まで突っ込んだ。しかし結局今年は1.28台を安値として、むしろ持ち直したといえるほどのリカバリーを見せた。

 ユーロドルはマックスで1.49台まで戻ったのだから、ほとんどのショートは死んでしまったといえる。しかし戻ったとはいえ、夏場以降の不安の増大などで、ついに今月に入ってからは1.29台まで落ちるなど、失速もはなはだしい。今年の最安値のほうが近いわけで、このままで終わると、上ヒゲが2000ポイントくらいあるまずい年足になってしまいそうだ。これだげ上ヒゲが長くて本体が短いと、もう来年のユーロの下落を見込んでいるようである。

 ユーロの下落はユーロクロスにも如実に表れてきており、ユーロ円はいつ100円割れしてもおかしくない位置におり、ユーロポンドも0.8000の大台を割り込みそうな感じである。ユーロポンドが0.80台を割ってくると、実にアメリカの住宅バブル崩壊以来であり、ここ3年間ほど続いてきた0.80-1.00の長期レンジを下にブレークしてきて、その前の5年間ほどステイした0.60-0.80のレンジのほうに移行する。

 何がきっかけになってそうなるかはわからないが、ユーロポンドが0.76台とかになるということは、ユーロ円やポンド円などもかなり厳しいレベルに追い込まれることを意味するので注意はいておいたほうがよいだろう。

日本時間 18時20分
 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る