ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

中央銀行も豪ドルに資金をシフトしている!
豪ドルの動向と日本・スイスの介入が焦点

2012年02月02日(木)15:54公開 (2012年02月02日(木)15:54更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

ドルが76.50円を割り込むと、介入懸念(期待?)が高まる

 一方、一連の米ドル安の流れの中でも、米ドル/円は軟調に推移しています。

 先週、一時は78.29円まで上昇し、さらなる上昇を期待した市場参加者も少なからずいたのですが、こちらもFOMCの結果発表後に流れが米ドル安へと一変しています。

 ただ、米ドル/円については、円の史上最高値に接近しているためにボラティリティ(変動幅)は依然として低く、現執筆時点では76.10円レベルで小動きとなっています。

 この米ドル/円の下値を支えているのが、日本の当局による市場介入への思惑でしょう。

 友人によると、ゴールドマン・サックスは「米ドル/円が75.35円以上の円高に突入した場合は、相当大規模な円売り介入を実施するであろう」という内容のレポートを出しているとのことです。

 それとは反対に、JPモルガンは介入の可能性に否定的な見方を示しています。 

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 どちらにせよ、現状の76.10円近辺では、円売り・米ドル買いの介入が入る可能性は低く、76.50円を割り込んでくると、介入懸念(期待?)が一気に高まるというのがコンセンサスになりつつあります

■ユーロが1.2000フランに接近すれば、再介入の可能性も

 さて、SNB(スイス国立銀行)のヒルデブラント総裁が辞任したにも関わらず、スイスフランの介入の可能性も高まっています

 このところのユーロクロスの下落の中で、ユーロ/スイスフランもジワジワと軟化しています。ついに1.2100フランを割り込み、SNBが設定したフローにあと50ポイントの1.2050フラン近辺まで下落し、軟調に推移しています。

 ヒルデブラント総裁の辞任で、スイスの中央銀行の政策が変更になったとは考え難いです。したがって、ユーロ/スイスフランが1.2000フランにさらに接近すれば、SNBが実弾を繰り出してくる可能性がかなり高まるため、注目されています。 

ユーロ/スイスフラン 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 4時間足

当面は、リスクアセット通貨の豪ドル/米ドル、豪ドル/円の上値余地拡大と、日本ならびにスイスの介入の有無が焦点となります

 豪ドルに関しては、豪ドル/米ドルは1.1000ドル、豪ドル/円は84.00円のターゲットを維持します。

ユーロオージー(ユーロ/豪ドル)は1.2000ドル割れへ!


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る