ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円相場は乱高下!
イベントも少なくテクニカル重視かな?

2012年04月03日(火)19:40公開 (2012年04月03日(火)19:40更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日は早朝に日銀の短観が出て、大企業の分は予想を下回るものとなった。かといって日本株はそれで下げてくるわけでもなかったので、リスク回避になったのでもない。そこで何をしようかなと思い悩んでいたところ、やはりこれはチャートでもながめて冷静にテクニカルに頼ってみようかなということになった。

 ドル円やユーロ円、ユーロドルを並べてみると、まずは最近のユーロドルはレンジが狭すぎて面白くない。1.3250を下割れしてくるか、1.34台に乗せてくるかしないと、ちょっと動意づかないようだ。ユーロ円は年初から上げてきたが、111円台に乗せて2回も止められている。その押し目が108円台なので、ここしばらくは108円から111円のレンジ相場をやっているとも言える。

 まあ3円も幅があるならばレンジ相場に取り組んでみるのも悪くはなさそうだ。ちょうど朝から株高の動きで始まったので、クロス円も高いところで推移している。ユーロ円の今年の最高値が111.43なので、買い戻しのストップ注文は111.45で置けばよい。そこから逆算すれば、出来れば111円台でショートメークして逆張りしたいものだ。

 午前中に111台に乗せる局面もあったが、私がユーロ円を売ろうと思ってからは一度もなし。夕方にもラリーはあったが、111円台にとどかず。まあ、ここで何ポイントかをケチっても仕方がないので、すでに下がってはいたが、110.72でショートにした。結果的にロスカットのレベルまで遠くなってしまうので、その分、ポジションの量を半分だけにとどめておいた。また下がってくれば、そのときに売り増せばいいや。

 ユーロ円は午前中のディップは110円台のミドルだったので、まだまだそれよりも上に位置している。グローベックスでの株価も高いし、ドル円も83円台に近いところでやっているようなので、当分はユーロ円の下げも来ないだろうと思い、おいしいイタリアンで眺めの夕食を取ることにして、外出した。

 夜のISM指数を見なければと思い、22時過ぎに帰宅して画面をのぞいたら、ビックリ。109円台に突入しているではないか。どうせ動かないだろうとタカをくくっていたので、途中で携帯などで為替レートをチェックもしていない。それが功を奏した形となり(^^;)、途中で利食いや売り増しをやっていない。チャートを見ると、18時半くらいからストレートに落ちてきているようだ。

 ドル円も81円台に突入したようでもある。しかし株価はそれほども下がってもいないので、私はとりあえずユーロ円を買い戻すことにした。ニューヨーク時間に108円台まで突っ込んだだが、それはおかずみたいなもの。できれば今度はレンジの下限としょうして、108.50あたりで買いたいものだと思い、そこでビッドを置いて寝た。

 本日の東京市場の始まりで円高になり、ユーロ円はもう一度、108円台のミドルをトライした。しかしドル円が81.56というフレッシュローをつけた後に失敗して急激なショートカバーを誘ったため、 ユーロ円もメクリ上げられた。私の出しておいた指値注文も届かなかった。アイデアとしては良かったのだが…。

 今晩はイベントが少ない。明日のADP雇用指数や週末の雇用統計に向けて様子見スタンスに入るものと思われる。ここ2、3日はテクニカル面からの重要なポイントをバックに、機械的な操作に励むしかなさそうだ。


日本時間 19時20分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

高スワップが魅力!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る