ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円売り介入への期待だけ高まるが…
私は一転、ユーロドルを売ってみた

2012年06月05日(火)17:50公開 (2012年06月05日(火)17:50更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の欧州時間、ドル円は78円ちょうどをちょっとだけ越えたあたりで始まったが、なかなか下サイドに突っ込むという感じはなかった。昼間に株安が進んで、日本株もTOPIX指数がバブル崩壊後の最安値を下回ってくるなど、社会不安の増大も醸してきたことから、為替相場では実弾介入があるのではないかとの期待が高まったからである。

 私としても売り込みづらいので、期待はしていないが下がらないのであれば買うしかないと思って78.14で買ってみた。むろんドル円は下がっても不思議はないと思っていているので、多くは耐えるつもりはない。だから77.90で近くにストップ注文だけ置いて、欧州市場の成り行きを見守ることにした。

 先週末の雇用統計があまりにも材料として大き過ぎたためか、欧州の信用不安はほとんど問題にされなかった。途中で欧州の銀行連合の話なども出てきたが、あまり重要視はされず。スペインやイタリアの信用スプレッドが拡大に向かわなかったということだけで、むしろユーロの買い戻しが強まった。今度はユーロ円やユーロポンドといったユーロクロスの上昇をともなったユーロの上げである。

 これを見てマーケットは安心したものか、アジア時間で急落していたグローベックスでの米国株も大きく切り返してきて、ニューヨークオープンまでには完全にロス分を取り戻していた。ユーロ円も97.50を越えてきてからは、さらにユーロ買いに拍車がかかった。その間、ドル円は20ポイントも上がらない。ああ、またつまらないものに手を出してしまった。

 ドル円は78.33でさっさとやめてしまい、ユーロドルで参入しようと思い直した。しかし私がユーロでもやろうかと思ったら、急激に動かなくなった。ユーロドルは1.25台を何度かつっかけるものの、すぐイン20ポイントほど押し返される。まあ、朝から相場につきあったのだから、次は翌朝からだ。

 今日もドル円は底堅い。やはり介入警戒感がかなりあるといえる。しかし株が安くなってきたら、お上が何とかしてくれるだろうという考えは何とかならないものだろうか。さんざん介入してきて、100兆円以上もお金を使って、現状は78円台であり、歴史的な安値である75円台からは極めて近い。結局のところ、スムージングオペレーションくらいにしか役に立っていないのである。

 どんなに円高でも慣れてしまえば、実はたいしたことがなくなるのは、ここ数10年の歴史を振り返ってみてもわかる。ちょっと前までは100円割れると日本が大変なことになるなどといっていたが、今となっては100円になるのは嬉しいはずだ。そのうち78円台も嬉しいという日が来るに違いない(苦笑)。

 ところで今の民主党政権はTPPを推進するといっているが、TPPとは関税障壁をなくすなど、フリートレードのマルチラテラル版である。自由貿易が良いと言っている傍らで、自分が苦しいからといって為替介入をやることが許されるのだろうか。国際協調が得られないから単独介入になるのだろうが、それではTPPなんかどうでもいいといている事と同じように見える。そう考えれば、世の中の調子に合わせて日銀のアクションを期待するというのも、作戦として取り入れるのは慎んだ方がよさそうに思うのだ。

 今晩は非製造業の景況感の数字が出るのみ。株価の下落も一服した感があるので、そろそろ欧州問題にも関心が戻ってくるかもしれない。1.25台を見ても、やはりユーロは戻り売りだと私は思う。いまは時間足などで見てもユーロ円もユーロポンド上げ基調なので、そこを敢えてユーロショートで臨む必要もない。しかしアジア市場の後半に入るとユーロドルはついに時間足のサポートを割り込んできたので、1.25割れのところで売ってみた。


日本時間 17時40分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る