ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

期待感とても強い円売り介入!
NYスタート確かめてユーロ売りか

2012年06月06日(水)17:49公開 (2012年06月06日(水)17:49更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は欧州序盤でユーロドルの1.25ちょうど割れを売り込んでいった。ひとつには私がユーロベアだったことにも起因するが、チャートの時間足を見ると、雇用統計でつけた1.22台の突っ込み安値からの切り上がりのサポートラインが、もはや1.25台に迫ってきていたからだ。

 テクニカル的なサポートのついてくるスピードが速いか、それとも相場のブレークが速いかの問題だ。私はベアなので、サポートの上昇スピードほどにはユーロドルは上げていかないだろうと読んでいる。したがって、私としてはそこを売りたくて仕方がないのだ。

 アジア時間で長い間、1.25台を見せつけられて、やっと大台を割り込んできた。確かにストンとユーロドルは落ちたのだが、1.2430のあたりでやっている時間がたいへん長いものになった。そこを中心に上下にプラスマイナス10ポイントほどの動き。これでは利食いをするわけにもいけないし、かといってフェイバーだからといって売り増すわけにもいかない。

 夜の8時くらいにG7の電話会合が始まったというニュースも流れたが、相場の反応は薄かった。やはりいまさらG7に何が出来るのかという不信もあったのだろう。しかし9時半過ぎに安住財務相がコメントを出し始めると、ドル円は上昇に向かった。78円台の前半にずっといたものが、78円台の後半にまでジャンプアップしているのだ。

 本当に単独介入についてでも宣言したのかと思ったが、株安や円高は日本経済にとって良くないという当たり障りのないものだった。欧州問題を議論しているはずなので、そちらのほうをもっと強調すればよいのに、今回も日本は自国の通貨高について言及していたのだろうか?

 しかしおかげでユーロ円も跳ね上がってしまい、ユーロショートの私にとってはたいへん持ち心地が悪いものとなってきた。介入期待があるのも事実であり、それを当て込んでポジションメークしてくる人々もいるのだから、私の細腕ひとつではどうにもならない~。ここは財務当局に敬意を表して買い戻すしかない。1.2451だったが、その後のニューヨーク相場は上下20ポイントほどの狭いレンジ取引となった。

 本日のアジア時間は妙にリスクテークが強くなった。新しい材料はほとんどない。介入期待はあるにはあるが、それは今週の初めから状況は同じだ。G7の電話会談も今となってはフレッシュではない。ドル円も若干は安値不安が払しょくされたとはいうものの、いまだに78円台から脱しきれていない。それでもグローベックスの米国株が急上昇したのを契機に、日本株も上げに転じ、日経先物はランチタイムに8500円を越えてきた。

 ドル円も次第に堅調な地合いになってきて79円台回復の動きを見せ始め、ユーロドルは1.25台に戻してきた。このリスクテークにはかなりの疑問符を持って見ていたので、私は手を出すことはしなかったが、この成り行きを欧州時間で確かめたい。すでに米国株は雇用統計の発表直前のレベルにまで戻し込んでおり、こんなことが許されるほどの材料が出てくるのかどうかをマーケットの消化具合で確認するのだ。

 今晩はECBの理事会が開かれるが、もちろん金融政策に変更があるはずもなく、注目度は薄い。やはり株価中心のリスク相場になってしまいそうだが、ニューヨークオープンになって米国株がマイナス転でもしているようであれば、そこからでもユーロドルかユーロ円を売っていこうと思っている。


日本時間 17時40分
 

GMOクリック証券[FXネオ]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る