ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

売られ過ぎた原油の反発で、1700ポイントも
下落したユーロ/豪ドルに再注目!

2012年06月28日(木)18:24公開 (2012年06月28日(木)18:24更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■WTI原油とリスクアセット通貨の相関性

 みなさん、こんにちは。

 ユーロ債務問題は、グローバルな金融市場に多大な影響を与えていますが、6月のマーケットで注目を集めたのがWTI原油(※1)。

 欧州債務危機に加え、米国の経済指標悪化もあり、3月1日にWTIで1バレル=110ドルだった原油価格は、6月後半に80ドルを割り込み、一時77ドルまで急落しました。

 しかし、多くのテクニカル指標は原油の売られ過ぎを示唆。今週(6月25日~)はじわじわと反発に転じており、6月27日(水)のニューヨーク市場では80ドルを回復。

 デマーク(※2)のチャート分析では、カウントダウンを終了し、来週は続伸を示唆しています。

(※1編集部注:「WTI原油」とはウエスト・テキサス・インターミディエート原油のこと。米国アメリカのテキサス州西部とニューメキシコ州南東部で産出する軽質原油。WTI原油を対象とした先物がニューヨーク・マーカンタイル取引所で取引されている)

(※2編集部注:「デマーク」とはTDシーケンシャルなどのテクニカル指標を開発したトーマス・R・デマーク氏のこと)

WTI原油先物 日足(クリックで拡大)

(出所:CQG

 原油価格の80ドル割れは、リスクアセット通貨の上値を抑えることとなり、反発基調にあった豪ドル/米ドルは再びパリティ(1豪ドル=1米ドル)を割り、豪ドル/円は80円台割れという展開。

 しかし、原油の下落が沈静化するに連れ、リスクアセット通貨の豪ドル/米ドルはパリティを回復、6月28日(木)は一時1.0129ドルまで続伸しました。

豪ドル/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 4時間足

 豪ドル/円は80円台を回復し、一時80.58円まで上昇。

豪ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/円 4時間足

 ただ、こうしたリスクオンの展開にまったく追随してこないのが…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る