ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

やはり日銀会合は失望へ
久しぶりにドル円ショートで臨む

2012年07月12日(木)18:12公開 (2012年07月12日(木)18:12更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 最近の為替相場は思い切り、リスクのありようによって左右されつづけている。リスクが高まるとなると日本円が買われリスクが薄まるとユーロなどが買われるというもの。欧州時間であれば、最近注目のスペイン債が目安になっている。7%の大台に乗せてくると文句なくユーロ売り。そこを少しでも下回れば安心感ということで、ユーロの買い戻しだ。

 ニューヨーク時間では米国株はもちろんのこと、リスクの先行指標としてワークしている原油価格の動向に振らされる。もちろん値幅の大小はあるとはいえ、ほとんど方向はこれで決定されてしまう。それまで要人の発言内容やテクニカルな値動きから慎重に判断して作ったポジションであっても、目の前での外部環境の変化がリスク動向の増減を示している場合は、そちらの方が重視ということにならざるをえない。

 そして実際、私のポジショニングもそれらに大いに振り回されている次第だ。昨日の欧州序盤ではユーロドルは1.22台の中盤でスタートしたので、私も戻り売りの態勢で臨んだ。今年の最安値は前日の安値であり、1.2236だ。もう50ポイントもない。今年のユーロドルのレンジ幅が1200ポイントあまりであることを考えると、もうほとんど加限に張り付いているといってもよい状況である。

 ユーロドルの安値は頑強にサポートされているわけではなく、ほぼ毎日のように更新されている。ユーロベアになっても当然であろう。私も1.2268や1.2274なんかで何度も売ってみたりするのだが、どうもアジア時間の午後からはユーロの買い戻しのほうが力強いようである。本来ならば下げ始めるところを押さえて売り込んでいきたいところなので、気合の入っていないユーロショートである。

 したがってすぐにアゲインストにいったらロスカットしてしまう。このところずっと気にされているスペイン債が7.0%を割れている。これを好感してリスクテークになっていることは言うまでもないが、こうなると私の相場観もめげてしまう…。しばらくはやめにしておこう。

 スペイン債の利回りが低下してきたことは喜ばしいことかもしれないが、10年もので6.8%などというのは依然として高い水準であることには間違いがない。そして警戒していたユーロの巻き返しもかなり限定的だ。ユーロドルは上がるには上がったが、1.2300を触ることができず。

 アメリカの貿易収支を前にユーロが再び売り込まれてきたので、私もそれに便乗することにした。ユーロドルを1.2278で売った。まあ、ロスカットは触らなかった1.2300でよいだろう。私は翌朝の早い時間から外出する用事があるので、利食い注文は置かずに早々と寝た。

 朝、起きると、ユーロドルはやはり数ポイント新安値を更新していたようだ。そこから戻ってきての、1.2240あたりだった。とりあえず私は早朝の為替相場で買い戻してフレッシュに出直し。利食い注文を置いておかなかったのは、ひょっとすると投げ売りなどを巻き込んで、朝になると1.21台の中盤とかになっているのではないかという色気もあったからだ。

 でも、結果はいたって普通の相場だった。多少は海外市場で株価が下がっているし、ユーロクロスはいずれも安い。ユーロ円をはじめユーロポンドなど、ユーロクロスは今月の安値をブレークしていた。

 そうしたなかで日銀の会合の結果発表となった。すでにその数時間前までにブラジル中銀も韓国中銀も利下げをしており、国債協調という立場からはぜひとも日本も何とかしないといけないところ。しかし過去の20年に何度も利上げのチャンスがあったにもかかわらず、なにもしてこなかった災いがたたった。もう下げるべき金利がないのである。

 日銀の金融政策は変更なしなのは当然であり、またコンセンサス通りでもある。多少の資金操作の出し入れで何かアクションを起こしたことを見せようとしているのかもしれないが、実質的な効果はまるでなさそう。円相場はファーストアクションとしては円安方向で反応したが、ドル円は80円ちょうどをつけきれず。

 これは昨夜のユーロドルの戻しの1.2300と同じようなものだ。私は80.00でストップ注文を置いて、ドル円を79.77で売ってみた。このドル円は78円台まで持ってみたいとも思っている。それだけ日銀のノ-アクションというのは、相対的な円金利の上昇を意味しているからだ。完全に過去の無策のツケが今になって回ってきたという感じだ。


日本時間 18時00分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る