ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

QE3後の高値を射程にするユーロ
ドル円の上値は重いまま

2012年10月17日(水)15:12公開 (2012年10月17日(水)15:12更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の欧州序盤では、スペインの支援要請についてWSJでの報道が話題となった。スペインはESMとは別のメカニズムで支援を求めるだろうというもの。たしかにIMFやESMからの直接支援では、求められることが多く、それが支援要請を渋っている原因にもなっている。

 スペインがそうした別の方法が模索されるのではないかということで、欧州の信用不安は薄らいだ格好となり、ユーロは強ぶくんでスタートした。前日に欧米の株価が大幅上昇していたので、リスクテーク的にもユーロ買いの理由を求めていたところでもある。

 私は1.3005で損切ればいいと思って、何度も1.2975で売っては、ちょっと下がったところで買い戻していたが、さすがに材料が出たという形になっているので、しばらく様子見をせざるをえない。1.3005から1.3020には当面の利食い売りが並んでいるということで、その辺りは重そうだが、これを越えてくるようであれば私もユーロロングで入っていかねばならないところだ。

 私の視点は一方ではドル円にも向いていた。9月相場ではQE3などによる株高でリスクオンになった際にも、円売りによるドル円の戻し高値は79円台の前半がせいぜいだった。79円台の前半にはオファーがいっぱいだということだが、今回はそれをこなすことができるのか。

 そもそもドル円の値動きが小さいため、79円台に近づいてきただけで、大きく動いたような気になってしまうのが間違いなのかもしれなかったが、私としてはドル円の79円台乗せにはとても関心をもって臨んだ。79.20くらいまでなら売り向かってみたい。損切りは15ポイントから20ポイントほども持っていかれた段階でよいだろう。

 ニューヨークオープン前にゴールドマン・サックスの決算発表があったが、予想を上回った。しかしすでにリスクオン気味になっているマーケットだったので、グローベックスでの米国株が目立って上昇することはなかった。ミクロよりもマクロ。米企業の好決算よりも、欧州の信用不安の行方のほうが重要なのだろう。

 ドイツの議員がスペインのそうした目論みに賛意を表しているという報道が流れ、ユーロは一段高した。ドイツが賛成すれば、後は問題が少ないだろうという見込み。そうすればスペインの支援要請も早まるだろうという楽観的な見方が台頭。

 私もユーロドルを1.3020を越えてから、1.3024で買っていった。ユーロドルは勢いよく上がったが、1.3050あたりまで。下がりもしなかったので持っていたが、アメリカの経済指標がたくさん出てくる時間帯になった。前日は良い指標がドル買いで反応したので、それと同じことが起こらないとも限らない。上がらないものは売りしかなく、1.3051で売ってやめた。ドル円も上がればいいのに、依然として79円台には達せず。

 ニューヨーククローズではユーロドルが1.30台のミドルであったのに、早朝にいきなり上がって1.31台までつけている。ムーディーズによるスペインの格付けを確認したからだという理由になっているようだが、恒例の個人投資家の強制ロスカットのタイミングと合致しただけという見方もできる。ともかくも米国株は連日の大幅上昇を演じており、リスク許容度はますます増したという感じだ。

 今朝のユーロの急騰でユーロドルは1.3123までつけたが、ここまでくるとQE3後の高値である1.3170が射程内に入った。ただユーロドルのレンジゾーンが1.28台~1.30台から1.30台~1.31台に移行しただけなのかもしれない。上昇の勢いが続くのか、それとも新たなレンジを形成するのかは、今晩の動きを見て確認するしかなさそうだ。

 今晩は住宅着工件数が出る。最近は改善傾向の見える住宅関連のデータだが、それを裏付けるためにも着工の数字は最も重要となる。これによって米国株は3連騰できるかどうかが決まりそう。また企業決算もバンクオブアメリカやバンクオブニューヨークなどが予定されているが、JPモルガンやGSほどにも注目を集めていない。リスク許容度という観点からは、夜中に出る原油在庫報告のほうが要ウォッチかも。これだけリスクテークが続く中で原油価格だけはほとんど上がっていないのだから。


日本時間 15時30分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る