ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円はやや上ブレ。
海外市場での株価に注目!

2012年11月30日(金)15:18公開 (2012年11月30日(金)15:18更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 昨日の欧州市場では、ドル円は82円台の前半でスタートした。先週以来、ドル円は上も下もやったようで、最近は81.80から82.20をコアレンジとして、ちょっと方向感がでない感じだ。少なくともアメリカの財政の崖の問題や、安倍総裁の発言では逐一、反応はするものの、大きくどちらかにブレークしていく様子ではなくなっている。ただ財政問題に関する楽観論が優勢になったことをうけて、米国株は大統領選の直前のレベルまで回復してきた。それで安心感からか、マーケットはややリスクテークの方向に傾きつつあるのも確かだ。

 ユーロドルは欧州序盤では1.29台のミドルだったが、実に底堅い動き。世界的な株高に押される形で欧州株もラリーし、年初来の高値に迫らんとする勢いだったからだ。私としてはユーロドルの1.30台乗せを先日に失敗しているだけに、こんな高いところからユーロ買いに走りたくはなかったのだが、株高によるリスクテークが波及してくるだろうことを考えると、ドル円を買っていきにくい以上はユーロドルでも素直にトレンドフォローとしょうして買っていくしかなさそうだった。買い場を探ろうとしていたが、ユーロは実に堅調でまったくの押し目なし。アメリカの経済指標の出る時間になってきて、ユーロドルは1.3000を触り出した。あ~、やっぱり買っておけばよかった。

 アメリカの経済指標は、失業保険もGDPの改定値もほぼ予想通り。期待で買われていたドル円やユーロドルに若干の利食い売りが出てきたが、大きく相場が崩れることはなかった。そのころになると私の胃がキリキリと痛んできたので、お水をたくさん飲んで早く寝ることにした。たぶん夕方の食べ過ぎがよくなかったのだろう。

 夜中にベイナー下院議長が「実質的には何も進展していない」というコメントを発した。これは先日の楽観論とはきわめて反対の内容である。リスク回避ためユーロドルやユーロ円は売られたが、その下げも限定的だった。つまるところ良いニュースだけにしか反応したくないという、ちょっと偏った相場展開になりつつあるということだ。夏以降の緩和期待の相場つきと同様で、これはそろそろ注意してかからねばならない状況であるとも言えよう。

 

 今日は仲値決めまでドル円は強くて、それも月末だから仕方のないことだと思っていた。日本株も調整気味で、安値方向を模索している。どうせまた82.20あたりで止められるのだろうと思っていたが、82.20を越えたあたりから買いが強烈に入ってきた。もちろん短期的なポジションの買い戻しであることは言うを待たない。それでもそのまま82.50あたりまで噴き上がって、ユーロ円も107円台乗せ。ユーロ円は今月の高値をも越えてきた。円相場に反応して日本株も上昇に向かうと、円売り圧力はますます強いものとなっていった。

 今晩はシカゴの景況感くらいしか経済指標はない。その前後で多少の上下動はあるだろうが、今日の注目も株価動向となろう。アメリカやドイツの株価は完全に上値追いの形となっているし、衆院解散や安倍発言といった特殊要因があったとはいえ、日本株も追随している。株価が一段高してリスク許容度が増大するならば、これはクロス円の買いを呼び込むことになるのは必定である。

 その際にはユーロ円でもロングにしてついていかなければならない。ただし米国株も日本株もレベルとしては重要なレジスタンスに接近しているので、逆張りのポイントでもあるというのも事実だ。仮に逆張っても損切りすべきポイントが明確なので、株価を見ながらの為替ポジションの操縦はしやすいと思う。
 

日本時間15時30分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る