ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

自民圧勝でドル円は年初来の高値更新!
でもやはり財政協議が焦点

2012年12月17日(月)18:26公開 (2012年12月17日(月)18:26更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 金曜日はアジア時間で円安を攻め続けた。これは木曜日と同じパターンだったので、あまり驚くことではない。衆院選挙が近づいており、ますます円安にバイアスがかかっている格好だ。週末までには円ショートのポジションを何らか持って、それで選挙結果を待ちたいという思いの強い現れであろう。ドル円は84円ちょうどには届かず。

 それでもすでにドル円は高値圏に位置している。海外市場の動向次第では、3月につけた今年の最高値である84.17まで簡単に達してしまうだろう。ユーロ円についても110円にはタッチしていないものの、いつついてもおかしくない状況ではあった。

 欧州時間ではユーロ買い圧力が高まって始まったが、不思議とユーロ円が110円を触らないで動いている。ユーロドルが上がればドル円が落ち、ドル円が上がり出せばユーロドルが落ちるというのを繰り返していた。これはクロス円のトップサイドに限界がありそうだなと思いながらも、なかなか売り込んではいけない。

 ドル円のほうが下がりそうだと思って、83.90アッパーを待っていたのだが、これも来なかった。そのうちユーロドルまで1.30台のミドルまで下がってきた。アメリカの経済指標が出ても市場の反応は限定的で、ドル円もユーロドルも上がらない。まあ、私もやっぱり週明けの選挙結果の判明した後からでもいいやと思って、そのまま寝ることにした。

 ベイナー下院議長とオバマ大統領の間で財政協議が持たれたが、やはり何らの進展も見られなかったようだ。それが米国株などリスク性の高いものには売り圧力にはなったが、為替相場にはリスク回避とはならずに純然たるドル売りの形で現れた。ドル円はすでに安値模索だったので不思議はなかったが、ユーロドルが再び1.31台に乗せてくるなど、強烈なドルの全面安の展開となった。

 ユーロドルは1.31台で何度も押し返されてきているので、そのあたりはユーロ売り需要が強いものだと思っていた。したがって朝起きて1.3160あたりでクローズしているのを見て、ちょっとビックリ。ドル円の高値引けまでは想定したが、ユーロドルが7月下旬のドラギ総裁の「何でもやる」発言以来の高値近辺まで到達するのは考えていなかったからだ。

 衆院選は予想通り、自民党が圧勝した。投票率が下がりそうだとは思っていたが、自分が予想していたよりも自公は議席を伸ばした。さらそれでの日本の金融緩和も強まるという見方もつよまたものか、ドル円は早朝には84円台で始まった。そして今年の最高値も更新。日本株もリスクテークで大きくジャンプして始まった。まあここまでは想定通りの動きと言えよう。

 問題はここからである。東京時間ですでに利食い売りも目立ち、ドル円は83円台に沈む局面も出てきている。圧勝したのにこれで当面の高値が決定されたとなると、今後はリスクはずしの動きも加速してくることになろう。気持ちとしては手を出したいのはヤマヤマなのだが、今日だけは海外市場での消化具合も見極めるためにアジア市場ではずっと我慢した。

 なにしろ2009年の政権交代のときも、選挙後の朝のセッションだけ盛り上がったことが思い出される。自民党の安倍総裁による新政権は、その振り上げたコブシの持っていきように困るのではないかとの観測もすでにあるくらいだ。

 欧州序盤を見る限り84円台をキープするのは苦しそうだし、どちらかというとリスク回避モードであったため、スモールでドル円をショートにしている。なお海外市場でも重要な経済指標などはないので、相変わらずアメリカの財政協議の行方がトピックの中心となりそうだ。

 

日本時間 18時10分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年2月2日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
経済指標速報記事 田向宏行 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る