ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

【2013年相場見通し】新紀元の幕開け!
ドル高トレンド転換でドル/円は90~92円へ

2012年12月21日(金)17:43公開 (2012年12月21日(金)17:43更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■「ユーロ崩壊」は予言師の煽りと同じ!

 今回は、2012年最後の執筆となるので、来年の見通しについて大まかに話しておきたい。

 ところで、本日(2012年12月21日)は何の日かご存じだろうか。

 そう、いわゆるマヤの予言で言う「世界の末日」である。

 当然のように、今この記事をお読みなっているみなさんは、こういった予言を信じていないはずだ。なぜなら、今日が本当に世界の末日であれば、みなさんはポジションを持たないし、これからの見通しに関心をお持ちとは考えられないからだ。

 しかし、筆者から見れば「世界末日の予言」と同じレベルのものであるにもかかわらず、今年(2012年)また盛り上がってきた「ユーロ崩壊論」を、どれほど多くの方が信じていたことか

 エコノミストやアナリストから個人投資家まで、2012年に一番口にしていたのはギリシャ危機、スペイン危機、そしてユーロ崩壊といった単語ではなかったかと思う。

 エコノミストたちは深刻な問題をさらに深刻に解釈し、それで給料をもらっているが、個人投資家たちは身銭を切っているだけに、「ユーロ崩壊予言」を信じてやまなかったなら、損失も大きかったはずだ。

ユーロ/円 日足

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 言ってみれば、エコノミストやファンダメンタルズ派のアナリストたちは現代の「マヤ予言師」的な存在だ。

 「現代」と強調しておきたいのは、昔のマヤ予言師が本当に世界の末日を予言していたかどうかは実は疑わしく、世界の末日というのは現代人が勝手に推測しているにすぎないからだ。

 同じ理屈で、ユーロ崩壊論というものは本来の定めではなく、現代の予言師たちに煽られたものであった。

■相場の内部構造的には2013年は新紀元の幕開け

 こういった教訓をもとに、来年(2013年)の相場を予測する場合、まず以下の2つの原則を守らなければならないことをおわかりいただけるだろう。

 第一に、相場は相場に聞く。

 第二に、相場は行くべきところに行くから、相場の内部構造の解明が何よりも優先されるべきである。

 本コラムでは、繰り返し相場の内部構造という言葉を使い、また実例をもって説明してきた。

 いまさら列挙するヒマはないので、過去1年の振り返りという意味合いでも、本コラム過去記事の再読をお勧めしたい。そうすれば、相場の内部構造とは何かをおのずとおわかりいただけるのではないかと思う。

 重要なのは、来年、つまり2013年は相場の内部構造から見れば、極めて重要な1年になるということで、これをまず認識しておきたい。場合によっては、2013年は為替相場の新紀元をひらく1年となり得ると思う。

 新紀元の意味はいろいろあるが、大まかに言うと、過去のメイントレンドを修正する、つまり相場の内部構造が新たな方向を生み出していくといった可能性が大きい。

 そして、為替相場なので、もちろんまずドルインデックスのチャートを見なければならない。 

ドルインデックス 長期チャート

 上のドルインデックス長期チャートから考えて、まずおわかりいただけるだろうことは、1971年から始まった戦後為替相場の歴史は、そのまま米ドル安トレンドの歴史であると言っても過言ではないということだ。

 次に、ドルインデックスはおもに16/17年のプライマリーサイクルを持ち、足元では2個目のサイクルの最終変動に位置していること。

 過去のメイントレンドを修正していくなら、新たな16/17年サイクルをもって米ドル安トレンドから米ドル高トレンドへの転換を図る、ということになる。

 したがって、確かに今は米ドル安(対円を除き)が進行しているが、相場の内部構造から考えると、2013年のどこかの時点で米ドル高トレンドへ転換していくはずである。

 非常に矛盾しているが、ちまたでは…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る