1
次のページへ

アベノミクスで儲かっちゃった個人投資家
チャートを使わずに月15%ペースの収益確保!
超・超・超っ、独特な方法論&考え方

株で失敗、残ったお金を牛に投資っ!?

 今回、紹介するぺたーさんは夫婦2人、FXで生計を立てる専業トレーダーだ。アベノミクス円安の始まりにはちょっと乗り遅れたが、買い中心に転換した1、2月はもと月15%ペースの収益を確保。200万円以上の利益をあげている。

「最初にやっていたのは株でした。多いときには300万円くらいあったんですが、ライブドアショックでほとんどヤラレてしまって。100万円くらいしか残らずに、そこからですね」


 株で失敗してわずかに残った資金をレバレッジが効くFXに転用、成功を収めたトレーダーは意外と多い。ぺたーさんも残った100万円でFXを?

「いや、牛を買ったんですよ。限界集落に近いんですが実家が牛をやっていて。ちょうどBSE騒動の時期だったので高かったですね。普段は30万円くらいの子牛が40万円くらいした。それを2頭買って」

実家の酪農を手伝いながら平日はFXに専念

 意外すぎる、この経歴。ぺたーさんはドルを買えば牛も飼う酪農兼業トレーダーだったのだ。

「残った20万円でFXを始めたんですが、最初の3、4年はボコボコでしたね。ぜんぜん勝てなかった。酪農もやっていましたが、それだけでは生活できないんで、牛は親に任せて、山を降りてバイトしました」

 手元の20万円はあっという間に溶けた。でも、すごいというか、見習っちゃいけないというか、借金をしてぺたーさんはFXを続ける。

「20歳のころから株をやってて、ずっと相場と付き合ってきたんで離れられなかったんですね。みんな億万長者の夢とか見たりするじゃないですか。でも、宝くじを買うくらいなら相場で稼ぎたいっていうのはありました」

アベノミクス円安で稼いだ意外なご褒美は?

 この執念が成功の要因か。バイトをしながらFXの原資を稼ぎ、やがてトレーダーとして開眼。今年2月の利益は332万円、1月も265万円と、この円安相場を追い風に着実に利益を上げている。

「2月がんばったごほうびを買ったんですよ。かっこいいでしょ? この油圧ショベル」

 ゆ、ゆあつしょべる……?

「岩を動かしたり畑を起こしたり、牛舎まわりの作業が捗るようになりました。知ってます? 子牛って生まれてから300日くらいで売られていくんですよ。そのあとは肥育といって霜降りの和牛に育てる専門の農家さんがいるんです。ドナドナですね」

 これはこれでとても興味深いけど、今日は牛の肥やし方じゃなくてお金の増やし方。ぺたーさんのやり方、聞いていこう。

1
次のページへ

この記事のバックナンバーは、右上のINDEXを見て!

Pick up

ザイFX!始めネット!TOPへ戻る!