ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

期待ベースでの相場が続く、
イベント少なくドル円はテクニカルで応戦か

2013年04月10日(水)16:54公開 (2013年04月10日(水)16:54更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 昨日は早朝にドル円の高値である99.66をつけて、その後の東京市場ではひたすら押し込まれる展開となった。そして欧州時間入りする頃には、ドル円は99円台を割り込んできた。98円台ですら安く見えるのは不思議である。次の注目はドル円の押し目がどこまでかである。どこで反転するのか。欧州序盤での押しは98.75あたりまでだった。

 またユーロドルの下げもきつい。東京時間に前日の高値であった1.3037を抜けてきて、一気に1.30台の後半を狙いそうな動きになったのだが、クロス円の売りにツラれてユーロドルもそれまでのゲインをすべて吐き出した。欧州序盤では1.30台割れが意識される水準まで落ちていった。

 ニューヨーク勢の参入とともにドル円の買いが始まるだろうとの期待は大きい。そこでドル円を拾っておきたいが、こうなると突っ込んだ安値である98.75あたりをバックに買いしかない。そこで私は98.80を買いゾーンと決め込み、損切りは98.70で置いておくことにした。欧州時間では99円台に乗せたりするものの、値動きは明確ではなくて、99円ちょうどをはさんでの一進一退であった。

 21時半ことに、つまりニューヨーク時間に入ろうとするときに、ドル円が下がってきた。私のターゲットでもあった98.80台まで沈んできたので、さっそく買ってみた。下がってきているので、逆張りにもなるし、ちょっと嫌な感じではあったが、まあやられても10ポイントあまりだ。取引に参加するコストだと思ってあきらめよう。

 そうすると運よく、私の損切りはつかずに再び98.90レベルまで上がってきた。しかしグローベックスでの米国株は安い。このまま米国株が始まれば、ある程度のリスク回避の動きが出ても仕方のないところだ。株価に注意して利食いどころを探る。昼間のドル円やユーロ円のロングのシコリもかなり残っていそうなので、当面は上がっても限りがあるものと読んでいる。

 結局、ドル円は99.25あたりまで上がるのがやっとだった。ユーロ円も重い足取りを見せているので、私は99.11でやめてしまった。ドル円が1円以上も上下動をしているのに、30ポイントも取れないのは残念ではあったが、安全運転を目指すとこうなってしまうのも仕方のないところである。

 その後はドル売りが強まったようである。ドル円はロングのコレクションもあってか、98.60まで差し込んだ。またユーロドルも1.31台乗せも演じている。ニューヨーク時間の午後になって再びドル円が買い戻しされて、そのステージでユーロ円は瞬間的に130円台もつけた。

 今日のアジア時間もドル円は99円ちょうどをはさんで神経質な動き。98円台と言っても決して安くはないのに、98円台になるとややリスク回避の動きが強まって、日本株は激しく売られた。また99円台に戻すとリスクテークの流れとなる。ドル円は20ポイントも動いていないのに、なんとも派手な反応となっている(笑)。それだけ期待だけの相場つきなのであり、実態がなかなか見えない状況が続いていることの証左でもあろう。

 今晩もイベントの少ない一日だ。マーケットの関心はドル円の値動きであることには変わりがない。私は98.60から99.60までのレンジにおさまると思っているので、その両端では逆張りで攻めて見ようと思うが、それは昨日のドル円ロングと同じで、ロスカットのレベルが明確だという消極的な理由によるものだ。


日本時間 16時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る