ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円の100円は通過点!? 次なる
ターゲットの105円に向けて続伸中!

2013年04月11日(木)17:00公開 (2013年04月11日(木)17:00更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米ドル/円、1週間で約7円の暴騰!

 みなさん、こんにちは。

前コラムでご紹介したとおり、2013年4月4日(木)に発表された、日銀による「量的・質的金融緩和」は、為替市場に多大な影響をおよぼし、米ドル/円は急上昇しました。

【参考記事】
レジームチェンジでドル/円100円回復へ! 黒田総裁の異次元緩和に日経平均も続伸(2013年4月5日、西原宏一)

 「異次元緩和」が発表された時の米ドル/円は、92円台後半。

 その後の米ドル/円は、一方的に上昇し、一時100.00円のバリア突破目前の99.88円まで急騰し、1週間で約7円の暴騰となりました。

米ドル/円 4時間

(リアルタイムチャートはこちら →FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

■マネタリーベースは2倍の270兆円へ!

 今回の日銀の「異次元緩和」のポイントは、操作目標を無担保コールレート(短期金融市場の金利の1つ)から、マネタリーベース(※)に変更すること。そして、そのマネタリーベースを2年間で現在の倍の270兆円にすることです。

 お金の量が2倍になるということは、円の価値は半分になるのか? というイメージを起こさせるほどの強烈な緩和策です。

 一方、FRB(米連邦準備制度理事会)は、これからの2年間で、量的緩和の出口を模索する段階にいます。

 この両者の金融政策の相違に注目が集まり、ヘッジファンドの注目は特に米ドル/円に集中しています。

(※執筆者注:「マネタリーベース」とは、日銀の資金供給量のこと。現金通貨「日銀券、補助貨幣」と、民間金融機関の法定準備預金「日銀当座預金」の合計。金融政策の緩和度を見る上で重要な変数)

 今回の日銀による「異次元緩和」に…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る