ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

近くて遠いドル円の100円台、
円安をけん制する要人発言にも注意!

2013年04月11日(木)15:19公開 (2013年04月11日(木)15:19更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はアジア時間でドル円は99円台割れをトライしたが、完全に割り込むことには失敗。欧州序盤にかけて買い戻されて、99円台のミドル。そして顕著だったのはクロス円の買いだ。ユーロ円は欧州序盤で大きくジャンプし、130円台の中盤まで到達。これで今日も円売りの開始かと思いながら、ドル円やユーロ円の買い場を探すことに。ドル円は昼間の値動きから見ると、やはり99.00が最大のディップと考えて、その手前では買いたいところだ。ユーロ円は前日の高値も越えて跳ね上がった130.00が肝となりそうだ。

 21時過ぎに黒田総裁が「通貨安には限りがある」見たいな発言をしたので、瞬間的にドル円やユーロ円は売られた。ドル円は99.00を割れ、ユーロ円は129円台に逆戻り。しかしすぐにでも戻りそうな雰囲気を醸し出していた。これ以上、上がるのかどうかを見極めているといったところだ。そしてもし下がらないのであれば、絶好の押し目となるはずなので、買いたい意欲がわいてくるステージである。私も下値ばかりを気にして見ていたが、一向に下がらず、あっという間に99.40くらいまで戻ってしまった。

 そしてFOMCの議事録がいつもよりも早い時間に出てしまった。内容はいつもと変わらないのだが、QEを続けるの、やめるのというものだった。しかしバーナンキ議長は継続の方だということが書いてあったので、これをうけてリスクテークの流れとなった。グローベックスでの米国株は急上昇し、今年の最高値圏。そしてドル円もユーロ円もそれまでの最高値を更新してくることとなった。

 ニューヨーク勢は円売りで参入するだろうから、22時半くらいからポジションを作って行こうと思っていたのだが、議事録による反応が急過ぎて、ドル円は高値張り付きで動かない。動くのであれば、どんなに高くても買っていけるのだが、99.70アッパーで止まっているならば用事はない。まあ、翌日から再び挑戦しようと思い直して、早めに寝た。

 米国株はニューヨークオープンのときに大幅上昇し、ランチタイム以降は高値圏でのもみ合いとなり、そのまま高値圏でのクローズとなったようだ。米国株が今年の最高値を更新したのはいうまでもない。リスクテークもやまずに、ドル円もユーロ円も高値引けに近い格好で海外市場を終えた。

 最近の傾向ではあるが、ニューヨーク時間ではリスクテークが最高潮を迎え、その反動が翌日のアジア時間で出る。東京市場のレンジだけ見ると、ドル円や日経先物は陰線を形成することが多い。それは本日のマーケットでも同じパターンとなり、朝からドル円やユーロ円は値を下げてきた。順張りで私はドル円ショートにしたりもしたが、押しは99.35付近までだったので、さっさと利食った。むしろロングで攻めるならば、こうした押し目をしっかりと確認することが大切である。

 昨日のように要人発言で一瞬だけの下げもありうるからだ。とりあえずは99.05とか98.85などがあれば一度は買ってみたいところだ。しかしロングポジションもたくさん溜まっていそうだから、そこを下割れしたらかなりの押しも覚悟しなければならない可能性もあるので、このステージのロスカット幅は20ポイントも取りたくない感じだ。

 今晩は大きな指標はない。注目はやはり円相場だ。ドル円の100円は近いようで遠い。昼間に韓国中銀も円相場には対処するとか言っていたので、そろそろ他国にかけることになる迷惑も気にすべき水準となっているのも事実だ。日銀の会合以降は中国、インド、韓国といったアジア諸国の株価が目立って下がってきたのは、それを裏付けている。


日本時間 15時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 経済指標速報記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 経済指標速報記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る