ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ/ドルがわずか2日で450pips急騰!
ただし、再び下落する可能性が濃厚

2013年07月11日(木)17:42公開 (2013年07月11日(木)17:42更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■ユーロショートに傾いてきたところに米ドルが急落!

 加えて、7月9日(火)には、ECBのアスムッセン理事が「新たなLTROの可能性を排除せず」とコメントしたことから、ユーロ/米ドルの下落はさらに加速。

 ユーロ/米ドルは、厚いバリアが横たわっていた1.2800ドルをブレイクし、次のサポートの1.2745ドルをブレイクする目前まで急落しました。

ユーロ/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 1時間足

 こうしてECBとFRBの金融政策の違いが鮮明となり、マーケット参加者がユーロショートに傾いてきたところに、7月11日(木)未明のFOMC議事要旨を迎えました。

 そこで、バーナンキFRB議長による下記のコメントが、米ドル急落を誘因しました。

「予見可能な将来、非常に緩和的な金融政策が米経済に必要とされる」

「米失業率が6.5%に低下しても自動的に利上げしない、金利引き上げはしばらく後の可能性」

 ただ、このコメントは議長が「金融引き締めはまだ当面先」と述べていたことと変わらず、目新しい材料ではありません。

■加熱した引き締め期待への牽制

 ECBがフォワード・ガイダンスを導入し、マーケットがユーロ売りに傾いたところで、前述のバーナンキFRB議長のコメントが出たのです。

 これにより、短期筋のユーロ/米ドル、ユーロクロスショートのカバーが一挙に出たことが、7月11日(木)午前の大相場を演出したと考えています。

バーナンキFRB議長は、加熱した引き締め期待への牽制をしたという見方が多いようです。

 結局、7月11日(木)午前の米ドル急落は、日銀、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])、ECB、BOEと続いた緩和競争の中、マーケットが米ドル高に傾き過ぎていたことの調整だったのでしょう。

 ECBがフォワード・ガイダンスを導入したことは変わりませんので、ユーロ/米ドルの下落基調は変わらず

 当面のユーロ/米ドルは、1.28~1.33ドルのレンジで揉み合った後、次第に値を下げてくる可能性が濃厚です。

ユーロ/米ドル 日足

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る