ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円98円台乗せだが小動き、
FOMCでは前回のフォローやいかに

2013年10月30日(水)15:54公開 (2013年10月30日(水)15:54更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間も動かなかった。その前日の為替相場ではほとんど動きがなかったものだから、さすがにポジションもたまっていない。動き出そうにも材料にも乏しい。ドル円は97.50アッパーでステイし、動いても15ポイントほど。ユーロドルも1.39台は力尽きたかのように、1.37台の後半で密着。それでもユーロドルは1.38台に乗せてきてからは、律儀にも押しは浅いままだ。1.3750を割りこむことすらない。逆に言うと、いかにユーロドルも動いていないかということにもなる。

 欧州時間になるとドル円が強含んできた。というよりもクロス円の買いが強い。ユーロ円も134円ちょうどを割れてくるかなと思っていたのだが、134円台の前半は堅かった。円売りの流れは強烈で、ドル円も98円台乗せを目指しだした。確かに欧州株も高いし、グローベックスでの米国株も歴史的な高値に張り付いている。

 要するにリスクテークの意欲は満々な感じである。しかしドル円の96円台が一瞬だったように、同じく98円台に上がっても結構、居心地は悪いのではないかという気がしないでもない。98円台ではドル円がブルになりきれない自分の姿が、すぐに想像がついた。

 ニューヨークオープンでいろいろな経済指標が出てきたが、内容はマチマチだった。小売関連は悪かったが、住宅関連は良かった。しかし景況指数は悪かったなどだ。また遅れて公表されているものもあるので、あまりデータに振り回されたくないといった状況だったこともあるのだろう。

 しかし最後の消費者信頼感の数字では、ドル売りで素直に反応をするにはした。政府機関のシャットダウンの効果もあったのだろうが、景況感は予想をずいぶんと下回ったので、ユーロドルは1.38台まで戻しきった。ドル円の下げは10ポイントほどで限定的。それゆえにユーロ円はツラレ高して135円台まで上伸してきた。ユーロドルと同じで、ユーロ円も今年の最高値まであと数十ポイントだ。米国株が歴史的な高値にチャレンジしているので、リスク許容度も増大している。

 私は早々に寝てしまったが、ドル円は98円台にも乗せてきたようだ。ニューヨーク時間の午後当たりからはドル売りの流れは続かず、むしろ逆にドル買い相場となってしまったようだ。ユーロドルも反落して、1.3750をも割り込んできた。ドル円も98円台に乗せたあとは、そのまましっかりとしていた。

 そのように海外市場ではドル買いの流れできたものだから、本日のアジア時間でもドル買い圧力が高い。ユーロドルは安値攻めで、ドル円は高値攻め。しかし相変わらずといういうか、いまいち値幅が小さい。だからなかなかにマーケットに入りきれないでいる(涙)。

 今晩はまずADP雇用指数が出る。さすがに今回の雇用統計は遅れているといっても来週には出てくるので、ADPの注目も高い。しかし予想では15万人前後の就業者数の増加がコンセンサスとなっているので、強烈な雇用環境の改善は見込まれていないわけだ。

 そして夜中のFOMCの結果発表だが、前回9月は緩和縮小を見送ったくらいだから、今回はますます変更する理由に乏しい。だからその結果にはあまり注目は集まっていない。しかし前回の決定をどのようにフォローしていくのかは見てみたい要所でもある。それによって来年の3月にもあるだろうとされているテイパリングも、時期の変更を余儀なくされるからだ。 


日本時間 15時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る